読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

語学の脳みそ―11ヵ月で4ヵ国語をマスターした僕の語学のツボ

語学の脳みそ―11ヵ月で4ヵ国語をマスターした僕の語学のツボ

語学の脳みそ―11ヵ月で4ヵ国語をマスターした僕の語学のツボ

作家
矢部太郎
出版社
ワニブックス
発売日
2002-12-01
ISBN
9784847014796
amazonで購入する

語学の脳みそ―11ヵ月で4ヵ国語をマスターした僕の語学のツボ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

AKIKO-WILL

語学習得の参考にするにはあまり目新しいコトは書かれていませんが、語学を勉強するに至って何らかのモチベーションアップにはなるかも!中学、高校での英語勉強のような仕方では短期間で習得できないと著者は言ってます。単語や文法を勉強するよりも先にリスニング重視していく。積極的にコミュニケーションを取るには完璧な文法よりも単語でどうにか伝えようとするコトだと。語学勉強するには、大きな目標でも小さな目標でも良いから必ず目的を持つこと。そして、語学習得しても使い続けたり、勉強し続けないと忘れてしまう。

2016/05/31

tomatobook

多言語を4ヶ国語マスターするなんてすごいこと。今でも色あせず話せるのだろうか。語学を習得するには積極性と目標が大事。私は見る言語を習得中だが通じるところがあるなと感じた。

2018/11/28

skr-shower

お笑いだけど作家として活躍。こういう本も書いていたんだ。語学は積極性が大事。

2018/08/28

みさ

きっと、初めて言葉を覚えた赤ちゃんの時のように実践で学んでいくのが一番語学が上達するんだろうな。教科書は参考程度に使うくらいでいいのかも。

2018/12/26

半田ぱん吉

小学校5年生から英語が義務教育になるようなので、他言語習得して活かせるように学べるプログラムになるといいなぁ。受験用の文法ありき的に覚えるだけのものじゃなくて、本書でも言ってるように耳で聞いてコミュニケーション取れるっていうのが先決なんだなぁと判りました。

2014/10/31

感想・レビューをもっと見る