読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寝起き女子 - girls in the morning -

寝起き女子 - girls in the morning -

寝起き女子 - girls in the morning -

作家
花盛友里
出版社
ワニブックス
発売日
2018-01-27
ISBN
9784847049903
amazonで購入する

「寝起き女子 - girls in the morning -」の関連記事

【ひとめ惚れ大賞】自分だけが見られると思うと、余計にかわいく見えてくる『寝起き女子』写真家・花盛友里インタビュー

『寝起き女子 girls in the morning』 花盛友里 装丁:加藤タイキ、星山真輝(LAUNDRY) 編集:小島一平 ワニブックス 1500円(税別)

家に泊まりに来た友人の寝起きをよく撮っていたんです。最初は特に意識していなかったのですが、個展用の写真を選んでいたとき、寝起きのカットを多く選んでいる自分に気づいて。寝起きってかわいい、とあらためて思って始めたのが、このシリーズです。 寝起きの顔ってあまり目にしないから、特別感がありますよね。誰もが見られるわけじゃなくて、自分だけが見られる。そう思うと余計にかわいく見えてくるんじゃないでしょうか。 撮っている私が女性なので、この作品群はもちろん男性視点は入っていないです。なるべくニュートラルに、セクシーに見えすぎるカットは避けました。でも、帯にはちょっと男性視点を入れたくて。「次にこの顔を見るのは誰なんだろう」というコピーを書いてくれたのは男性です。とてもいいですよね。男の人の視点だけど性的ではない。この『寝起き女子』は、ずっと寄り添っている女の子の寝顔を撮りたかったんです。仲良しの…

2018/4/7

全文を読む

リアルな寝起き姿、かわいいヌード… 女の子の“ありのまま”を撮る写真家・花盛友里

 女の子の寝起きの姿をとらえた写真集『寝起き女子』(宝島社)や、女の子のリアルな下着姿を収めた写真集『脱いでみた。』(ワニブックス)が、若い女性から大人気のフォトグラファー・花盛友里さん。今年1月末には、ファースト写真集『寝起き女子』に新たな撮りおろし作品を加えて再編集した『寝起き女子 - girls in the morning -』(ワニブックス)を発売した。女の子の“ありのまま”を撮ろうと思ったきっかけや、被写体の心を開くテクニックなどについて、本人に話を聞いた。

■寝起きは当たり前じゃなくて、特別なもの

——寝起きの女の子を撮るという着眼点がユニークですが、どうして女の子の寝起き姿をテーマに写真を撮ろうと思ったのでしょうか。

花盛友里氏(以下、花盛):もともとは、うちにお泊りに来た女友達の寝顔や寝起きのショットを戯れによく撮っていたんです。その後、個展を開く機会があって、会場に並べた自分の写真を見渡していたら、寝起きの写真が多いことに気が付いて。「私は女の子の寝起きが好きなんだ」と自覚したのが始まりです。それで、いろんな女の子の家に行って…

2018/3/18

全文を読む

関連記事をもっと見る

寝起き女子 - girls in the morning - / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

><

初版2018年。きれい。寝起きの顔が見れるというのは、特別感があって。ドキドキします。

2018/05/24

ハッピー

花盛さんに信頼を寄せて無防備なすっぴんで寝巻き姿を披露している寝起き女子.この顔を次に見るのは僕だ!

2018/05/05

umico

持ってる寝起き女子と一緒やった!うっかり!でも、大好きやからよし!大好きな人を、そのひとの空間まるごときるとる。スタジオ写真じゃ撮れない写真の醍醐味。あれもこれも、窓を通る風さえも、そのひと、として。

2018/02/04

そうぺい

初読。花盛さんの作品は初めて。あーあ、やっちゃいましたw通販の罪。すかすかのレイアウトとボカシとかのテクニックを多様した写真たち、写真の内容を深めない作者のつぶやき、備忘録。そうですね、朝は寝ぼけてるから視界がぼやけてますね、そうですね、晴れた日にしか目覚めないしお泊まりしないからねw都築さんみたいに、上から狙った非日常的なワンシーンを考えるとか超接写するとか寝起きの行動を追うとか百合っぽくとかは、一切なく端的にゆうならば、ブログでええやん代価分愚痴りました、すいません芸術なんか、どぶに棄てちまえw

2018/10/27

感想・レビューをもっと見る