読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

名投手 - 江夏が選ぶ伝説の21人 - (ワニブックスPLUS新書)

名投手 - 江夏が選ぶ伝説の21人 - (ワニブックスPLUS新書)

名投手 - 江夏が選ぶ伝説の21人 - (ワニブックスPLUS新書)

作家
江夏豊
出版社
ワニブックス
発売日
2020-08-24
ISBN
9784847066450
amazonで購入する Kindle版を購入する

「名投手 - 江夏が選ぶ伝説の21人 - (ワニブックスPLUS新書)」の関連記事

与四球率1.77個の抜群のコントロールが武器。さらなる飛躍が期待される巨人のエース【菅野智之】/名投手 – 江夏が選ぶ伝説の21人 -⑤

引退後も積極的に現場に赴き、プロ野球の最前線を見てきた江夏豊。数々の逸話を残した彼が選ぶ最高の投手たちとは? 歴史に残る大投手から、令和のプロ野球界をけん引する現役投手まで、記憶に残る名投手をご紹介します。

『名投手 - 江夏が選ぶ伝説の21人 -』(江夏豊/ワニブックス)

菅野智之

 菅野智之君は、ご存じの通り、原辰徳監督(巨人)の甥っ子。日本ハムの12年ドラフト1位を拒否して、1年間浪人生活を送ったのにもかかわらず、13年13勝6敗。その年の楽天との日本シリーズ。第2戦で田中将大君に敗れたものの、第6戦で田中君に投げ勝つ。シーズン24勝0敗、ポストシーズンも勝ち続けた田中君に、その年初めて土をつけた。  以後、順風満帆にキャリアアップしてきた。16年からの3年連続「最優秀防御率」は、あの「神様」稲尾和久さん(西鉄=56年~58年)以来、実に60年ぶりの快挙だった。しかも、17年は17勝、防御率1.59の二冠。18年は15勝、奪三振200、防御率2.14の三冠。いずれも「沢村賞」に輝いている。  また、18年クライマックスシリーズのヤクルト戦で達成…

2020/9/23

全文を読む

開幕24連勝で楽天初優勝に貢献。米国で6年連続2ケタ勝利。攻めの投球に徹する好投手【田中将大】/名投手 – 江夏が選ぶ伝説の21人 -④

引退後も積極的に現場に赴き、プロ野球の最前線を見てきた江夏豊。数々の逸話を残した彼が選ぶ最高の投手たちとは? 歴史に残る大投手から、令和のプロ野球界をけん引する現役投手まで、記憶に残る名投手をご紹介します。

『名投手 - 江夏が選ぶ伝説の21人 -』(江夏豊/ワニブックス)

田中将大

 06年夏の甲子園、田中将大君(北海道・駒大苫小牧高→楽天)と斎藤佑樹君(西東京・早稲田実高→早大→日本ハム)の決勝再試合。手に汗握る熱戦をいまも鮮明に覚えている。世間は斎藤佑樹君の「ゆうちゃん」に対して、田中将大君を「マー君」と呼ぶが、私はなぜか昔から「マーちゃん」と呼んでいる(笑)。  マーちゃんとの出会いは、翌07年1月。沖縄キャンプ取材。私が「先乗り」で那覇空港に降りたとき、同じ便に乗っていて、私を見つけてあいさつに来てくれた。 「野村克也監督の楽天でよかったな。キャンプを見に行くからがんばれよ」  その日、私が夕食から戻ったとき、宿泊先ホテルのロビーでまた遭遇した。同じホテルだった。翌朝も顔を合わせた。縁があったんだな。  聞けば、マーちゃんは、私の出身の兵庫…

2020/9/22

全文を読む

関連記事をもっと見る

名投手 - 江夏が選ぶ伝説の21人 - (ワニブックスPLUS新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

fwhd8325

江夏さんが見た名投手。現役の若い投手もしっかり解説されています。名投手と言えば、なんと言っても江夏さんだと思っています。その江夏さんが選ぶ名投手の選択は、先発完投型、救援で活躍した方とバランスのいい選択だと思いました。数字によるデータは説得力がありますが、個人的には、江夏さんの感覚で語って欲しいかなと思います。

2020/09/15

ma-bo

伝説の21人となっているが、現役選手を含め50人の投手について語っています。最後にその中から21人を選出。21人には現役選手はあえて選考にいれなかったのかな。TV解説の時もそうだが、後輩選手には「君」づけで愛情とリスペクトが感じられる。 球をほおっているって記述が何度かでてくるけど、文章でみるとほっこりするなあ💦

2021/02/15

マッちゃま

「江夏の21球」にちなんで、今後が期待される若手も含めて総勢50名の好投手を江夏豊が紹介し、その中からラストに21人を発表する作り。投手1人に付き4頁ほどで略歴を含めて紹介しているので、其処は薄口感はありました。まあ〜昭和から平成、そして令和で輝いている投手までが並んでおります。長く楽しんでいるファンにとっては見知った人ばかりかと思います。10年後に同じ企画をしたならば、新たに誰かがエントリーされ、その分だけ誰かが外される。歴代の大御所投手を差し置いて名を連ねる大投手の出現を楽しみに野球観戦していきます♪

2020/09/07

anken99

一気読み。江夏が選ぶ名投手。基本的には先発完投型がどうしても多くなっているが、現役選手も多く楽しめる。最後に選ばれし21人は、偶然にも名球会投手ばかりというところが落としどころか。ダルビッシュや田中は、現時点では選考されず。江夏自身が自分を一人の選手として解説する項はナイスアイデア。あと意外だったのは、先輩はすべて「さん」づけ、同期と後輩はすべて「君」づけの表記。とっつきにくいイメージがあるが、確か酒も飲めないはずだし、実際はいい人なんだろうな。

2020/11/30

ぶるーめん

金田正一からはじまり佐々木、奥川と言った今後活躍が期待されるピッチャーまで50人と、江夏自身についてエピソードも交え概観。切り口としては面白く、初めて読むエピソードもあり楽しく読めた部分もあるが、限られたページ数なので一人一人のピッチャーへのコメントが限られるのは残念。最初から21人に絞って深堀してもらったほうがよかったかな。

2020/08/21

感想・レビューをもっと見る