読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

東京百景 (ヨシモトブックス)

東京百景 (ヨシモトブックス)

東京百景 (ヨシモトブックス)

作家
又吉直樹
出版社
ワニブックス
発売日
2013-08-26
ISBN
9784847091797
amazonで購入する

東京百景 (ヨシモトブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

seacalf

又吉直樹という個性によってよく知る情景や見知った場所が描き出される面白さ。何せタイトル通り百ものストーリーが次々と綴られているのだから飽きないし、飽きさせない。ピースのネタで笑ったことはあまりないけれど、いくつかの箇所では声を出して笑ってしまったし、若手芸人達との触れ合いや、自伝的エピソードも読ませる。ひとつのスタイルに留まらず、高さの違う様々な棚から取り出す感覚で各々の話を読めるのが、思いの外楽しい。肩の凝らない読書をしたくて手に取るも、エッセイというには良くも悪くも文学的な澱が残る読後感だった。

2017/03/10

ミカウバー

東京を舞台にしたエッセイ集。自分は東京生まれの東京育ちなので、どの場所も思い描く事が出来て楽しめた。特に地元の市ヶ谷が出てきたのは嬉しかった。どのエッセイも面白かったが、「隅田川の夕景」「赤坂・草月ホール」「池尻大橋の小さな部屋」が切なく、「阿佐ヶ谷の夜」の西加奈子さんにはちょっと感動した。何度も読み返したい一冊だ。装丁もいい。

2015/06/24

❁かな❁

お気に入りの又吉さんが18歳で上京してからの東京をテーマにした100編。今作も又吉さんらしく、とても読みやすい文章で吹き出してしまうお話、じーんとするお話、切ないお話など色々ありました!もったいなくて少しずつ少しずつ読みました*「六十六」の又吉さんの学生時代のパーマ届けのお話は夜中に読んでて爆笑してしまいました(笑)後「七十六」の女性とのお話は後半から泣いてしまいました(/ _ ; )「九十八」「九十九」のお話もとても良かったです☆いろんな気持ちになれる作品でオススメ!!やっぱり又吉さんの文章いいです♪

2014/10/11

hiro

大関豪栄道と並ぶ寝屋川の星?ピース又吉さんの本は『第2図書係補佐』に続いて2冊目。18歳で上京してから32歳までのエッセイ。職務質問されるところが多く出てきたり、神社・お寺・お墓が多く登場し、エッセイの内容、東京百景の選定された場所、そして地味な装丁も含めて、又吉さんらしい本だった。もちろん『檸檬』を真似て珈琲の空き缶を電柱の下に置き去ったり、志賀直哉の墓のある青山霊園を歩いたり、木登りする芥川の動画を観たり、漱石や鴎外の小説に出てくる『精養軒』でハヤシライスを食べたり、読書家らしいエッセイでもあった。

2014/08/01

修一郎

学生の頃、駒場に2年下北沢に2年住んでいた。正真正銘の井の頭線住民だった。電車代がないので、どこに行くにもバイク。で、夜中に路地に迷い込んで、お巡りさんに「ここ、一方通行なんだよねー、はい免許証出して」となっては免停に。「一つでも刺さる風景があると嬉しい」ってホント、刺さる風景ばっかりです。”自分もエッセイ書くならこんなの書いてみたい”が満載。オチありオチなし、妄想ばなし実話ばなし、みんな良かった。作家と呼ばれるようになり、書くものも小説主体になっていくのかもしれないけど、エッセイも書き続けてほしいな。

2015/10/07

感想・レビューをもっと見る