読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ムロ本、

ムロ本、

ムロ本、

作家
ムロツヨシ
出版社
ワニブックス
発売日
2017-03-29
ISBN
9784847095429
amazonで購入する

ムロ本、 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

岡本

俳優・ムロツヨシのエッセイ、インタビュー、対談などを纏めた一冊。勇者ヨシヒコ辺りで知って、ちゃんと見たのは大河ドラマ「おんな城主直虎」という にわか ですがムロさんの事を色々知れて良かった。舞台もいつか観に行きたいなぁ…

2018/06/06

takaC

台本?本として読みにくかった。

2019/01/31

アマニョッキ

ムロ本、思っていたよりも濃くて、熱くて、30頁目くらいにはもう泣いていた。単なるタレント本ではなく、一人の人間の、さらけだした姿がたくさんつまっていて、こんな部分まで知ってしまっていいのかと、でも、私は今後一生ムロツヨシのことが大好きだなと、あらためて思わせてくれる一冊。今後もう本は出さないと、言いきっているムロさん、それが本当ならば、今日握手会に行けて本当によかった。あなたは、あのあたたかくてふわふわな手ときらきらの優しい目で、今後数えきれない人を笑顔にしていくことでしょう。だから、これは喜劇。

2017/04/02

ブルーベリー

勇者ヨシヒコのツッコミ兼魔法使いっぽい人。おばあさんや身近にいる人に感謝を忘れず、決して自分の生い立ちを悲観しなかった。ムロさんが格好いい人に思えたエッセイでした。

2019/04/27

panashe

幼少期に両親が離婚して、親戚の家で育ちおばあちゃんが母代わりだったムロツヨシさん。小さい頃、手を繋いでも良い人が居なかった。友人宅でお母さんにふっと抱きつく子供を見て「俺にはこれがなかったんだ」と気付いたという。「本心には蓋をするものだ」という意識、本心を言葉に出来ない、言葉にすると蓋を開けること事になると思うから。唯一さらけ出したのは”役者をやりたい”という事。僕が笑わせている時は、みんなケンカはしない。笑いはケンカの芽をつぶす為の武器。ムロさんがいつまでも笑顔でありますように(^^)

2017/11/30

感想・レビューをもっと見る