読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

古(いにしえ)の武術に学ぶ無意識のちから - 広大な潜在能力の世界にアクセスする“フロー"への入り口 - (ワニプラス)

古(いにしえ)の武術に学ぶ無意識のちから - 広大な潜在能力の世界にアクセスする“フロー"への入り口 - (ワニプラス)

古(いにしえ)の武術に学ぶ無意識のちから - 広大な潜在能力の世界にアクセスする“フロー"への入り口 - (ワニプラス)

作家
甲野善紀
前野隆司
出版社
ワニブックス
発売日
2019-07-26
ISBN
9784847098253
amazonで購入する Kindle版を購入する

古(いにしえ)の武術に学ぶ無意識のちから - 広大な潜在能力の世界にアクセスする“フロー"への入り口 - (ワニプラス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

デビっちん

甲野氏と前野氏の無意識についての対談です。面白くないわけがないと期待していましたが、想像以上でした。上手く説明できないけど、なんだかそうなっちゃうという内容を、身体の作用から紹介されています。世の中には科学では解明できないことが多数あり、そこには無意識が大きく関わっていることがわかりました。

2019/09/25

allite510@Lamb & Wool

かの伊藤一刀の奥義「我ならざる我が斬る」のように、「我」が特定の形で消失した状態が「フロー」なのかもしれない。70歳を超えてますます超絶的な武技を開発し続ける、面白すぎる古武術家甲野善紀先生の最新書籍。チクセントミハイが提示した「フロー状態」は多くの人が求めるが、入ろうとしてもなかなか入れない。甲野先生の最新技「影観法」は、まさに一刀の奥義のように、無意識を半意識的に活用してフローに入る技と言える。そのエッセンスを言語化すると、「矛盾を矛盾のまま矛盾なく、取り扱う」という禅問答のようなものになるという。→

2019/10/09

gotomegu

無意識について。川下りのフローについて語っていた。生死に関わるギリギリのところでは、水の動きが見えるという話。教える、教わる、型にはまる、はまらない。上達の効率を考えると難しい。時間と余裕が必要だから。どうしてもやりたい気持ちがあると、勉強を禁止されたほうが覚えがいいとか、短時間で上達する場合もある。ヒモトレの不思議については初耳だった。ちょっと調べてみたい。

2019/10/22

A

やってみよう、ありがとう、なんとかなる、ありのままに。アナロジー類似性。対比だけでなく両者を包み込んで飲み込む事。矛盾している状態が同時に成り立っていると説いた説。言葉に対する見解の違い。フロー・心理学者のミハイチクセントミハイ。人間が自分自身の心理的エネルギーを100パーセントその時に取り組んでいる対象に注ぎ、チャレンジとスキルが釣り合う状況で物事に没入する体験。意識的に何かをするのではなく、無意識的に物事が進む、強い没入状態。ポジティブ心理学でいう、エンゲージメント。

2020/04/06

感想・レビューをもっと見る