読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

くらしき ぎゃらりーかふぇ物語 - ともえおばあちゃんとひまわりの秘密 -

くらしき ぎゃらりーかふぇ物語 - ともえおばあちゃんとひまわりの秘密 -

くらしき ぎゃらりーかふぇ物語 - ともえおばあちゃんとひまわりの秘密 -

作家
ねこまき(ミューズワーク)
志賀内泰弘
八朔
出版社
ワニブックス
発売日
2020-10-09
ISBN
9784847099540
amazonで購入する Kindle版を購入する

「くらしき ぎゃらりーかふぇ物語 - ともえおばあちゃんとひまわりの秘密 -」の関連記事

「僕やと思って大切にしてや」士郎が、見送る八重に手渡したものは…/くらしき ぎゃらりーかふぇ物語⑤

『ねことじいちゃん』で知られる、ねこまき氏の初プロデュース作! 倉敷にある小さなギャラリーカフェの店主・ともえおばあちゃんの“秘密”とは…? 疎開からひと月が経つ頃、士郎から一通の手紙が届いた。

続きは本書でお楽しみください。

2020/12/9

全文を読む

「入隊前に嫁ぎたいだって!?」日本の戦況は悪化していき、ついに召集令状が…/くらしき ぎゃらりーかふぇ物語④

『ねことじいちゃん』で知られる、ねこまき氏の初プロデュース作! 倉敷にある小さなギャラリーカフェの店主・ともえおばあちゃんの“秘密”とは…? 日本の戦況は悪化していき、学徒勤労動員が始まる…。

<第5回に続く>

2020/12/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

くらしき ぎゃらりーかふぇ物語 - ともえおばあちゃんとひまわりの秘密 - / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

RX78

ほんわか温かい絵に癒やされます。倉敷を舞台にしたお話。おばあちゃんの絵の話にはウルッときました。

2020/12/11

ブラフ

作品自体はほんわかしていて良いけど、倉敷の意味はあんまりないなぁ。これなら「くらしき」外してもなんら問題ないのに。あと、コマの角が丸いため、回想なのか現在進行形なのか分かりづらくて困った。

2021/06/13

めい

猫にお茶屋さんのカフェ、それと美しい街並み…なんとも可愛らしい世界が広がっていて、幸せが溢れていました。そのふわりとした空気感はそのままに、一枚の絵から悲しい過去の物語が始まり、思わず涙。出先で読んでいたので、涙を止めるために読むのを中断しました。素敵な物語でした。

2020/10/21

コンチャン

ねこまきさんの企画のものということで興味をもって手に取りましたが、想像通りあったかくて、想像以上に心を打たれるものがあり、とても満足した気持ちで読み終えました。

2021/03/13

ちいこ

申し訳ないけど<感動のスペシャリスト>が邪魔をしたなぁ…。

2021/10/27

感想・レビューをもっと見る