読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

川柳作家ベストコレクション 三上博史 ―裏表あって私が立っている

川柳作家ベストコレクション 三上博史 ―裏表あって私が立っている

川柳作家ベストコレクション 三上博史 ―裏表あって私が立っている

作家
三上博史
出版社
新葉館出版
発売日
2018-11-27
ISBN
9784860448882
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

川柳を詠むためには、観察する力と表現しようとする思いがあれば充分である。
 観察する対象は、自己の内面世界を含めた森羅万象である。これをすべて詠もうとすれば、擬人化は便利なツールとなる。
 なぜ表現したいのか。それは、自分が存在し私が私であることの証しになり、カタルシスの快感が得られるからである。 (柳言より)
  
短詩型文芸界に燦然と輝く、ベスト・オブ・ベスト川柳!
47都道府県から川柳界を代表する最精鋭の第一線作家による柳言と秀句集、圧巻の川柳作家ベストコレクションシリーズ200。
栃木を代表する川柳作家・三上博史の渾身の作品群!
本書のサブタイトルになっている作品は著者の代表作「裏表あって私が立っている」。
  
ラグビーボールホイホイホイと逃げ回る
みんな賛成結果はみんな無責任
文化とは国が決めるな文化の日
ゆるキャラの元祖軽トラだと思う
スコップはお尻で仕事させられる
ピーマンの凹み具合にある色気
煩悩をうまく収めた頭蓋骨