読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ウソだらけ間違いだらけの環境問題

ウソだらけ間違いだらけの環境問題

ウソだらけ間違いだらけの環境問題

作家
武田邦彦
出版社
新講社
発売日
2010-02
ISBN
9784860813208
amazonで購入する

ウソだらけ間違いだらけの環境問題 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

AICHAN

図書館本。著者は『ホンマでっかTV』でお馴染みの武田センセ。温暖化に関してはマイクル・クライトンが『恐怖の存在』でその怪しさを指摘した。だけど世の中は「温暖化」が進んでいると見ていると言っていい。どちらが本当かと長年悩んできた。武田センセがクライトンと同じく「温暖化は嘘だ」と主張していると知ってこれを借りた。「地球の気温はこの30年間、まったく変化がない…この事実を隠しウソの報道を続けたのがNHK」「北極の氷が融けても海水面が上昇することはない」「海面が6メートル上がるのは3000年後の話」。やっぱり。

2017/01/09

jack

原油は、海底の有機物・海水と共に、海溝よりマントル層へと供給され、高温高圧下で、生成される。それが、高圧原油蒸気として、地殻亀裂に貯まり、頁岩下で滞留し、貯蔵される。 石油メジャーが、資源量を言うときは、可採埋蔵量ではなく、採取権契約年数でしょ。 原油は、無限であり、地球レベルの再生可能エネルギーだ。 武田先生、真実は、ちゃんと言おう。 ☆4.2

2015/07/30

ニョンブーチョッパー

2010/12/20

エイジ

エコ、地球温暖化等、普段から胡散臭いと思っていたので、読んでみました。

2010/05/19

T2C_

地球温暖化問題もリサイクル問題も政治経済の力学が働いた嘘と欺瞞ばかりであると暴く、全ての日本人が読むべき本。例えばそも温暖化を唱える団体がそれありきで設立されたものであること、CO2の温暖化への寄与が信頼性の乏しいシミュレーション結果を基にしていること、きちんとした計測データは最近取られたものなので実際本当に温暖化しているとは断定出来ないこと、温暖化で悪影響があるとも断言出来ないこと、リサイクルによってむしろ人類にマイナスになることなどが記述されている。どれだけ無駄なことをしているんだと憤りを感じている。

2018/04/08

感想・レビューをもっと見る