読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

自分が高齢になるということ (WIDE SHINSHO)

自分が高齢になるということ (WIDE SHINSHO)

自分が高齢になるということ (WIDE SHINSHO)

作家
和田秀樹
出版社
新講社
発売日
2018-06-25
ISBN
9784860815721
amazonで購入する

自分が高齢になるということ (WIDE SHINSHO) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

今、親の老いと向き合いながら、自分も高齢に差し掛かってこの本と出会った。なるほどなぁと思う事が多い。『老いとは、気が付けば周りが年下の世代になっていること』・・そうだなぁ。母の周りは皆年下だ。まだ私の周りは年下ばかりではない(笑)『幸せにボケる』ために『愛されるボケ』になるために、この本は傍に置きたい。その日一日一日を楽しく過ごせます様にと願いながら。

2018/10/17

nyaoko@瀬戸内海へようこそ

読友さんが読まれていて、これは読まねば!!!と購入。ああ願わくば、あまり痛まず苦しまず、そして怒られず疎まれず、ゆるゆると歳をとって死にたい、出来る事ならボケたくない!!!と思ってました。でも、人間85を過ぎれば殆どの人間は認知症になり、最早それが当たり前と言う時代に。いいなぁ。ボケても普通。なんにも怖くない。そんな世の中になればいい。和田先生の言葉は面白おかしくて優しくて、あっという間に読めました。明るくボケようや、うちも元々ボケてるしね、と母親には言えた。うん。

2019/02/03

あんドーナツ

高齢になってボケてくるのは人として自然な事、何も恐れることはないと和田秀樹先生はおっしゃている。終わり良ければ総て良しとして、出来ることを十分楽しんで愛されるボケ老人になって人生の最後を楽しく締めくくりたいなと考える私。ボケたからといって何にも出来なくなるわけではないから。

2018/12/09

プル

自身が老いる事に抵抗感が薄らいでいく。不思議と老いてもいいんじゃないかと思うくらいに。周辺が同じ認識と、対応の仕方やせめて心づもりがあれば…。亡き父が晩年寂しがっていたのは知っていたし、それに焦燥感を覚えているのは電話越しで感じていた。あんなに近所と夜の遊び場のコミュニティを持った人がである。この本を読んで、幸せを幸せと受け止められる力の基礎を今から養っていこうと思った。

2019/02/21

りの

老年精神科医の著者は、認知症になるのは 歳をとれば当たり前のこと と言い切ってます。では、可愛らしい認知症罹患者認知症なるために、今からできることは何か? もう少し 歳を重ねてから読んでも良かったかなぁと思った。

2019/02/17

感想・レビューをもっと見る