読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ワルあがき

ワルあがき

ワルあがき

作家
北里洋平
たなか亜希夫
出版社
サンクチュアリ出版
発売日
2020-04-03
ISBN
9784861133787
amazonで購入する

ワルあがき / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミライ

内容は北里洋平さんの自伝、構成的には小説+自己啓発本といったところ、表紙と作中に挿入される漫画は『軍鶏』などの作品を手掛けた、たなか亜希夫さんが担当(作品との世界観はバッチリ合っていたと思う)。北里さんの幼少時代から、この自伝を出すまでの波乱万丈の人生が語られる。北里さんが何かを諦めようとしたときにもう一人の自分である「キング」が現れて軌道修正を促してくれる、「キング」の言う言葉が心に響く名言だらけの一冊だった。

2020/07/17

Te Quitor

「キング」という、もう一人の自分が出てくる「自伝」。こういう系統の本は人生をゲームに例えることが多いよね。「アツい気持ちになるモノ」=「ゲーム」ということなのかな。と。実際はこういう茶々を入れる隙間もない。それくらいアツい作品。読むとやる気が湧いてくるし、とてもとても面白い。心に響く。多分、表紙から受ける第一印象と中身が違う名著だと思う。もう一度読も。

2020/10/25

いちろー

自伝家の北里洋平氏による自己啓発本のような自伝。自伝家って?と思った方はこの本か他の北里氏の本を読んでみたらいい。 私のようなひねくれたおっさんには熱すぎる内容だった。できるわけない、そんな事あるわけない、そう思ってしまう。なんだかもやもやして、誰かに一押ししてもらいたい若者はこれを読んでみたらいい。失敗してもまだまだ時間はある。 スタートボタンしかないって言葉はよかったなぁ。

2020/04/20

感想・レビューをもっと見る