読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

四間飛車破り 【居飛車穴熊編】 (最強将棋21)

四間飛車破り 【居飛車穴熊編】 (最強将棋21)

四間飛車破り 【居飛車穴熊編】 (最強将棋21)

作家
渡辺明
出版社
浅川書房
発売日
2005-06-30
ISBN
9784861370106
amazonで購入する

四間飛車破り 【居飛車穴熊編】 (最強将棋21) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

杏梨

振り飛車党ですが、居飛穴対策として読みました。よく出てくる局面の形成判断がとても参考になった。解説も分かりやすくて詳しいし、居飛穴側の攻めのつなげ方がよくわかった!居飛車穴熊指したくなりました。

2014/10/17

笹帽子

まずは急戦からかなと思うのでいずれ再読する。しかし説明が分かりやすい……

2016/05/06

ore

とりあえず一読。今までなんとなくだった穴熊の組み方がわかった。

2016/05/03

ともあむ

併せて四間飛車破り【急戦編】も読むことをおすすめします。これを読めば対四間飛車持久戦の基本から応用までマスターできます。

2012/10/25

ロタ

四間飛車の美濃形の様々な形に言及。松尾流穴熊の有力さと、どう組むのか、どう仕掛けるのか、そして振り飛車が松尾流にどう対抗してくるのか体系的に学ぶことが出来る。渡辺明二冠の冴えわたる筆致で羽生の頭脳レイアウトの読みやすい棋書で約30テーマにわたり検討を重ねていく。現代の将棋AIを使用してもほぼ違和感なく読める歴史に残る名著。

2019/06/09

感想・レビューをもっと見る