読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

作家
山内マリコ
最果タヒ
茂木綾子
ジェーン・スー
佐々木俊尚
菊池亜希子
松田青子
黑田菜月
カシワイ
東京R不動産
出版社
青幻舎
発売日
2017-04-06
ISBN
9784861526152
amazonで購入する

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

神城冥†

団地にまつわる小説とポエムとエッセイと対談と漫画などが収録されている。私的に松田青子さんの小説「向い合わせの二つの部屋」が良かった。今現在、団地に関わる仕事をしているが、あの団地特有の独特の空間は巨大な箱庭を思わせる。上から見たらきっと箱庭だ。

2017/08/13

fwhd8325

小説、詩、対談、写真、漫画と盛りだくさんです。フリーペーパーのようですが、内容は濃いです。団地はかつては文化住宅と言われ、憧れの住居でもありました。高度成長経済を象徴するものでもあります。しかし、年数を経て、私の近所にもすっかり疲れた姿を見せています。その昔は、団地妻というロマンポルノのブランドでもあったのです。もの哀しさもありますが、これも一つの文化です。なかなか中身の濃い興味深い一冊でした。

2017/09/28

紫羊

装丁が楽しい。団地に暮らしたことはないが、以前リノベーションに関わる機会があり、私もいつか本に囲まれてちんまり団地暮らしをしてみたいと思った。ショートストーリー、漫画、写真とインタビュー、対談…おしゃれでかわいい、そして隠し味ほどのノスタルジーも。

2017/05/22

たまご

装丁にひかれて手に取り.団地にまつわるエトセトラ.小説あり,photoあり,エッセイあり,対談あり,インタビューあり,コミックあり.いずれもほのかな団地愛,ノスタルジーを感じます. 確かに,戦後から高度経済成長期を経てバブルはじけて現代にいたるまで,建設される団地のコンセプトは変わっていきますよね.そして今,また昔の団地の活用が検討される. これを読みながら,今はタワーマンション(階格差はあるとはいえ)が新しい団地の形態なのかもな,と感じました.あと20年もしたら,同じことがタワマンでいわれるのでは?

2017/04/28

momogaga

図書館本。昔から団地生活にあこがれていたので、手に取りました。題名にあるように女性むけの団地LOVEのアンソロジー。著者は山内マリコ,最果タヒ,ジェーン・スー,菊池亜希子たち今旬の女性です。これからの団地像が描かれていました。

2017/11/12

感想・レビューをもっと見る