読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小説集 明智光秀

小説集 明智光秀

小説集 明智光秀

作家
菊池寛
八切 止夫
新田次郎
岡本綺堂
滝口康彦
篠田達明
南條範夫
柴田錬三郎
小林恭二
正宗白鳥
山田風太郎
山岡荘八
末國善己
出版社
作品社
発売日
2019-08-31
ISBN
9784861827716
amazonで購入する

小説集 明智光秀 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

今年は、大河ドラマ『麒麟がくる』を完観予定なので、明智光秀関連本を何作か読みたいと思います。まずは第一弾、本書は過去の有名作家の明智光秀連作短編集でした。オススメは、滝口 康彦の『ときは今』&柴田 錬三郎の『本能寺』&小林 恭二の『光秀謀叛』の3本です。私は、『本能寺の変』は、天皇家、朝廷黒幕説だと考えています。

2020/01/21

ハッチ

★★★★☆明智光秀を扱った色々なストーリーを集めた小説集。今年の大河ドラマという事もあり注目されている。謀反人でありながら、そんなに光秀を悪人扱いされないのは、それなりの理由があると思う。個人的にも好き。ドラマも見たが面白そうであるし、地元としては見逃せない。また、光秀が謀反を起こした理由も実はわかっていないので、ドラマも楽しみ。

2020/01/21

ophiuchi

大河ドラマ「麒麟がくる」は続けて見てみようと思っていたので、図書館で見つけて借りてきた。様々な世代の作家の作品が収められていて、当然のように光秀像もバラバラで面白かった。大河の光秀がどう描かれるのかも楽しみだ。これを読んで改めて不思議に思ったのは、なぜ光秀は例外なく惟任ではなく明智と呼ばれているのかということだった(秀吉は羽柴と言われない)。

2020/02/06

まえぞう

これも来年のNHK大河を当て込んだ短編集です。明智光秀をめぐるオーソドックスなものから奇想天外なものまであって、TVネタの背景の詰め込みには良いかもしれません。沢尻エリカバージョンをどこかで見ることができませんかね。取り直し版との比較が見られたら面白いのにね。

2019/12/03

makimaki

大河ドラマがきっかけで。これまで読んだ光秀の小説、学校で習った光秀像が崩れていく。真実は彼にしか分からないだろうけど…。今回は贅沢にも様々な光秀像が。読んでいて楽しかった。

2020/09/06

感想・レビューをもっと見る