読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夏の速度

夏の速度

夏の速度

作家
四方田犬彦
出版社
作品社
発売日
2020-05-25
ISBN
9784861828096
amazonで購入する

夏の速度 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミネチュ

この小説は、著者の初めての韓国(ソウル)滞在のときの経験を、小説としてまとめたものだそうです。 小説として良いのかどうかよくわからないですが、韓国やソウルに関心のある私は興味深く読みました。 1979年、軍事国家で今とは大きく違うソウル。 光復(日本の植民地支配からの解放)からまだ30数年しか経っていないソウル。 そんなソウルに住む人を描いた小説です。

2020/10/04

金北山を仰ぎ見て

【韓国オリエンタリズム】著者の映画論や文化論は(高度で難しく理解十分はできないが)好きだ。朴正熙大統領が暗殺される時期に書かれた処女小説だと知らず手に取り最初は「下手」な印象。反日・勘定の払い方・呪術・狂熱性・妓生と発表当時はまだ未知な韓国独特の文化をいかにもおどろおどろしく紹介していく筋運び、当時はショッキングでそれだけで小説になったのか。バブル期の六本木と新宿歌舞伎町だけを描いてこれが日本ですみたいな小説読まされたら離島や工場の日本人自身が「これが日本か?」と思うだろう、当時の韓国オリエンタリズムか

2020/09/16

Shigeo Torii

異国で過ごした青春記(それにしては、歳食っているか!?)かな。読み初めて、時代が分かった。話しには聞いていたが、微妙な時期。でもイマイチ、感情移入出来なかった、、、。

2020/08/01

じゃますけ2

映画批評でも知られる四方田犬彦氏が若い頃の1979年の韓国滞在を基に私小説のように「僕」を通して書かれた小説。あとがきで、全くのフィクションと書いている。ただ「かつての自分の体験が、きわめて生々しい形で体現されていた」と書くほど、当時の韓国を多く盛り込んでいる。特に『兵役・日本語を話す老婆・教育勅語を暗唱する父親』などの挿話は当時の韓国を感じさせる。「僕」が一方的に殴られるシーンがクライマックスとして描かれており、ドラマチックな展開がないと感じるかも知れないが、丁寧な描写は読み手に臨場感を与えてくれる。

2020/07/31

感想・レビューをもっと見る