読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マニフェスト 本の未来

マニフェスト 本の未来

マニフェスト 本の未来

作家
ヒュー・マクガイア
ブライアン・オレアリ
アンドリュー・サヴィカス
ライザ・デイリー
ローラ・ドーソン
カーク・ビリオーネ
クレイグ・モド
イーライ・ジェームズ
エリン・マッキーン
浅野紀予
石松久幸
堺屋七左衛門
柴野京子
高橋征義
秦隆司
宮家あゆみ
室大輔
吉本龍司
yomoyomo
出版社
ボイジャー
発売日
2013-02-20
ISBN
9784862391179
amazonで購入する Kindle版を購入する

マニフェスト 本の未来 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

本とデジタルをキーワードに29人の出版人が語った【本の未来】。全ての本が電子化された世界を【前提】として、その先の提言を行っています。出版業界関係者向けの内容かと思います。技術的に踏み込んだ話が多いのですが、通読するとある種の哲学書のような印象を受けました。1990年から始まった電子書籍のムーブメント。既に「地図」や「辞書」のようにデジタルが主役になっている【本】の世界もありますね。僕は紙の本をこよなく愛する者ですが、一方で紙の本造りも9割はデジタルで行われているのが実情。最後に残るのは物語の世界かな。

2014/08/30

風竜胆

出版と言う事業は、好むと好まざるとに関わらず大きく変わっていくことが予測できる。私のように、「紙でないと読めない」派には、これは脅威だ。

2013/04/01

konomichi

電子書籍にまつわる、いろんな立場の人のエッセイ集。電子書籍分野の最先端を走り続けている方々の試行錯誤がここにある。タイトルにある「本の未来」はきっと、この先にある。 結局、「本」をコンテンツ+メディア(媒体、器、入れ物の意)ととらえるか、全部含めて「本」(つまり紙以外認めたくない)の間で揺れ動く葛藤との闘いの歴史、って感じなんだよねぇ。 まぁ、パラダイムシフトって、往々にして、そういうものか。

2013/03/08

umtic

電子書籍や本をめぐるWebビジネスに関心のある人は必読の書です。

2013/05/07

感想・レビューをもっと見る