読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版-

スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版-

スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版-

作家
アルディス・ザリンス
サンディス・コンドラッツ
加藤諒
出版社
ボーンデジタル
発売日
2016-11-26
ISBN
9784862463609
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列の検索、辞書の参照などの機能が使用できません。プリント・レプリカ形式の Kindle 本は、Fire タブレットおよびKindle 無料アプリ (Kindle for iOS、Kindle for Android、Kindle for PC、Kindle for Mac) でのみご利用可能です。Kindle E Ink 端末および Kindle Cloud Reader ではご利用いただけません。



キックスターター発のスカルプターのための人体解剖学



筋肉をすべて知っているとしても、形状を理解したことにはならない!



見やすい画像、文字が少ないアナトミー(解剖学)の本をお探しですか?

人体をモデリングするとっかかりで行き詰まってしまった?

見やすくて分かりやすい資料が欲しいけど、Webを探し回るのに疲れてませんか?

筋肉、骨について長々とした文章を読むのではなく、シェイプを知り、それを即座に作品に生かしたい?



人間の体を簡潔に解説した、もっとも使いやすい、アーティスト向け美術解剖学のガイドブックがここにあります。



本書は、主要な構造を理解するための要点を直接的かつ分かりやすいビジュアルで説明しています。美術を専攻する学生、モデラー、スカルプター、イラストレーターに、本書は実践的な基礎を提供します。これをベースに、アナトミーの知識をさらに積み重ねることができます。より手軽に、自信をもって描きたい、造形したいすべての人にお勧めします。



本書では、人間の体のうち、最も重要な筋肉、働き、アクションを取り上げています。単純なアナトミーの解説から間違いやすいポイントまで、1,000点を超える図版を掲載。

また、250枚を超える写真に描き加えたイラストによって、体表下の筋肉やシェイプを明らかにしています。


スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版- / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Nanna

図がいっぱいでわかりやすい。わからないところはこの本をどんどん活用しようと思う。もっと絵が上達するように!

2017/05/26

めとろ

これは彫刻家のための本、ということだけど、絵を描くうえで参考にした本の中でいちばんわかりやすかった!

2019/05/10

のくたん(筆)

全身&胴体、頭部&首、上肢、下肢に分けてそれぞれ説明されている。カラーで分かりやすい。指の先まで輪切りの形が載っている。より形を捉えやすいよう円・円柱等に簡略化した図や、ポリゴンの様に線を入れて形を捉えるという事に真摯に出来ている。骨、筋肉、部位の大きさ比較、動きの幅等もイラストと写真で解説している。とにかく図が多い。とても良かった。

2018/07/21

サラン

カラーなので、筋肉や骨の構造や凹凸が分かりやすいです。これから長い間付き合っていけそうな良書。

2018/03/24

松田望

写真によってチンポにモザイクがかかっているものがある、その差が気になった。モザイク付きはキングギドラみたいな化物チンポなのか!?  この手の本の中ではダントツに分かりやすかった。大学で美術解剖学を受講していた僕が言うのだから間違いない!

2017/05/09

感想・レビューをもっと見る