読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

花のお江戸の蝶の舞

花のお江戸の蝶の舞

花のお江戸の蝶の舞

作家
岩崎京子
佐藤道明
出版社
てらいんく
発売日
2018-11-27
ISBN
9784862611406
amazonで購入する

花のお江戸の蝶の舞 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゃが

「かさこじぞう」の岩崎京子さん、懐かしくて手に取った一冊。江戸の川柳「蝶の来て舞うが金沢が見世」を題材にした12歳の女の子のお仕事小説。お菓子を別名「金沢」と呼ばれるほどの大店の娘・たまきは誰よりも目も舌も肥えているが、男の仕事場とされていた調菓場に入ることをゆるされない時代だった。が、彼女は諦めることなく、西洋のお菓子作りを学んだ職人の一平と共に、不吉だといわれる蝶の菓子を作り出す…。江戸言葉の説明が多くて、何より外国の人が日本人を描いたような違和感のある挿絵が怖かった。

2019/02/02

感想・レビューをもっと見る