読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ピエール瀧の23区23時

ピエール瀧の23区23時

ピエール瀧の23区23時

作家
ピエール瀧
出版社
産業編集センター
発売日
2012-10-17
ISBN
9784863110779
amazonで購入する Kindle版を購入する

ピエール瀧の23区23時 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こばまり

私は23の夜をこの本と浴槽で過ごし、各区の魅力と瀧氏の人柄に触れ、体の芯まで温まったのだった。

2018/11/23

メルル

夜の散歩らしく、仕事とはいえ良い意味で力の抜けた素敵な散歩でした。そして彼らしい力の抜けた会話も面白かった。普段、明るい街も夜はやっぱり怖いものですね。昼とは違う顔を見た気がします。夜の気さくさは、ちょっと怖い。怖い目にあったことはないのかしら。二十三区内に牧場が存在している事実に驚いたり、蒲田の銭湯で「Shangri-La」の熱唱を聞ける人々を羨ましく思ったり、とにかく充実した内容でした。

2017/08/16

スプリント

23区を夜に散歩し23時に記念撮影するという深夜番組的なノリの本です。登場するゲストは著名な人もいたり一般の人だったりと一貫性がないのですがピエール瀧さんの人当たりのよさで各回とてもおもしろかったです。

2015/06/13

アビ太郎

ピエール瀧が23区を好きにフラフラ散歩するやつ。この人はほんと自由で羨ましい。

2017/12/05

アズル

図書館本。2012年発行なので、スカイツリーが出来上がっている間の内容になっています。瀧が東京23区をだいたい23時に1区ずつ散歩をします。私の住んでいる区でも知らないところがあったり、行ったことのない区も興味津々でした。瀧と深夜散歩をしたくなりました。この人、やっぱり面白いです。

2021/02/20

感想・レビューをもっと見る