読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

漢字セラピー―五つ星のしあわせ

漢字セラピー―五つ星のしあわせ

漢字セラピー―五つ星のしあわせ

作家
ひすいこたろう
はるねむ
出版社
ヴィレッジブックス
発売日
2008-02-01
ISBN
9784863326026
amazonで購入する

漢字セラピー―五つ星のしあわせ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まな坊

漢字には反対の意味の漢字が必ずあります。 善⇔悪、吉⇔凶、生⇔死、では、幸せの反対の言葉とは? 「不幸」でも、「不幸」とは、「幸せじゃない」って意味です。 では、「不幸」を表す漢字一文字は?答えは存在しなかった。 この世界に不幸はないのかもしれない。不幸の「正体」は現象ではく、「考え方」だった。「幸せ」という漢字をひっくり返しても、幸せ。 逆さになっても、転んでも、どうやったって変わらずに、いまここにあるもの。それが・・・「幸せ」。幸せとは、一瞬でなることができるもの!!

2008/02/28

chi.

漢字一字を分解して、その漢字にちなんだ意味やエピソードを加えて、漢字を見ることに興味が持てるような一冊。

あゆみ

★★★★☆

erio20170122

ひすいこたろうと大勢のメルマガの読者の知恵を集めて作った自称:「世界一面白い漢字本」。漢字や文字を自由に分解、解読、再構成して、人が幸せになるように解釈。読みやすいコラム形式で、文字・熟語の嫌だと思い込んでいた意味が、実は元気が出る素敵な意味になってしまう。「弱い」「失う」「偽り」「困難」など、私はよい意味だと思っていなかったが、よく見ると複数の文字が隠れていて、それを組み合わせて解釈すると…詳細は本書で。人生を豊かに楽しくする213ページ。漢字が嫌いな人にむしろおススメしたい。パズルみたいで楽しめる。

2020/08/25

感想・レビューをもっと見る