読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

文学ムック たべるのがおそい vol.1

文学ムック たべるのがおそい vol.1

文学ムック たべるのがおそい vol.1

作家
穂村弘
今村夏子
ケリー ルース
円城塔
大森 静佳
木下 龍也
日下三蔵
佐藤弓生
瀧井朝世
米光一成
藤野可織
イ シンジョ
西崎憲
堂園 昌彦
服部 真里子
平岡 直子
岸本佐知子
和田 景子
出版社
書肆侃侃房
発売日
2016-04-15
ISBN
9784863852198
amazonで購入する

文学ムック たべるのがおそい vol.1 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

なゆ

今村夏子「あひる」が読みたくて。知人からあひるを貰い受けたことから始まる、生活の変化。近所の子供が入り浸るようになってくるのだ。やけに賑やかになり、両親は嬉しそう。だが…ひたひたと迫りくる違和感。最後も、その場にいたら逃げ出したくなるような、いたたまれなくなるような。今村さんの作品、次はいつ読めるのか。藤野可織「静かな夜」も読めて嬉しい。なんかやっぱり怖い系。夜、つい耳を澄ましてしまいそうになる。他はみなハジメマシテの方ばかり。なかなか面白かったのは西崎憲「日本のランチあるいは田舎の魔女」。不思議な世界。

2016/09/19

HANA

小説、翻訳、随筆、短歌と幅広く収められているムック。収録されている小説は翻訳も含め、静かな中に何か不穏な雰囲気が漂うものばかりで非常に好み。今村夏子「あひる」は評判通りの出来、ただ途中から「銀の仮面」ばりの内容を想像してたけど微妙に外される。「バベルタワー」は何かしら筒井を思い出させるし、「静かな夜」も「コーリング・ユー」 も何気ない日常がいつしか不穏な雰囲気に包まれて素晴らしい。現代短歌はやはりよくわからないが、随筆は各人の書痴っぷりが兎に角楽しいし。文学の楽しみにとことん酔わせてくれる一冊であった。

2016/12/14

つくえくん

芥川賞候補にもなった「あひる」を読みたくて。なんかちょっと哀しくなるような、残酷なような、不思議なあじわいのある作品。他の小説や短歌も、言いたいことが分かるような分からないようなぼんやりした作品揃いで、いかにも本が好きなんだよというムック。たべるのがおそい人向きです。はい。

2016/08/24

miu

取り急ぎ、芥川賞候補作『あひる』のみ読了。『こちらあみ子』でわたしの心に衝撃を与えた今村夏子さん。今回も同じく。あひるののりたま。人気者ののりたま。寂しさを埋めてくれるものは何なのか。喜びを与えてくれるものは何なのか。あひるは、家族にとって何なのか。余韻の波長は長く、昨日の夜からずっと続いている。幾重にもなった心の動きを、こんなにも自然になんてことなく書く人をわたしは他に知らない。って思っちゃうくらい深い。

2016/06/21

辛口カレーうどん

しっくり馴染む作品ばかりで、読み飛ばす所なく隅々まで楽しみました。私にとっての鬼門、一度も最後まで読み切った事のない円城塔氏の短編も初めて読み切れた!これも嬉しい。藤野可織氏の短編は非常に恐ろしく、今村夏子氏も初読みだったが良かった。大森静佳氏の短歌は、たいへんロマンチックでお気に入り。西崎憲氏のファンなので購入したが、大当たりでした。西崎氏の短編ももちろん最高です。エッセイもすべて楽しく読めた。年2回の刊行だそうで、次が待ち遠しい。

2016/05/10

感想・レビューをもっと見る