読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ねむりたりない (新鋭短歌シリーズ)

ねむりたりない (新鋭短歌シリーズ)

ねむりたりない (新鋭短歌シリーズ)

作家
櫻井朋子
東直子
出版社
書肆侃侃房
発売日
2021-10-07
ISBN
9784863854901
amazonで購入する Kindle版を購入する

ねむりたりない (新鋭短歌シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あや

櫻井朋子さんは大学が同じなのだがおそらく私が大学4年の時にお生まれになったアラサーの歌人さん。とくにご結婚と妊娠を詠んだ歌とあとがきが良かった。東直子さんのあとがきもいい。大学周辺の飯田橋や有楽町線といった地名も私には親しみがある。 こときれたようにまっすぐ眠り合う互いの熱を過信しながら/半睡のシーツにとおく隣人の争う声が染み込んでいく/忘れ傘すなおに揺れる江ノ電は潮の気配に影を伸ばして/硝子店の棚を大事にすり抜けてわたしのための暖冬をゆく

2022/05/04

ケー

初めて通読した歌集。 表紙の疲れてるような、色っぽいような雰囲気に惹かれて購入した覚えが。 特にお気に入りだったのは「コハク」の章。 ひとつひとつグッとくる歌ばかり。

2022/12/04

みかん

一首目がすごくよかった。あとは、読まれている事物と感情の結びつけが私のなかでうまくいかず。修行したい。

2022/02/20

amhon

表紙に惹かれて購入。短歌集を読むのは、萩原慎一郎「滑走路」以来。女性ならではの視点を持った短歌だと思いました。「あの女も使ったかなぁ出汁巻のうずに差し込む基礎体温計」「かわらないかわらないって言い交わす同級生の睫毛にほこり」「アラームへ伸ばした腕がきみにさえ触れない朝の永い背泳ぎ」「とっておきの展示のようにほの光る鎖骨をあえかな夜の標に」一番好きなのは「こときれたようにまっすぐねむりあう互いの熱を過信しながら」かな。新鋭短歌シリーズの他の作品も読んでみようと思います。

2022/02/27

Daiki Enomoto

若手歌人の歌集。解説は東直子さん。 歌の構成や、チャプター(4つの花の名を冠している)ごとの風味、想起させる風景や情感のまとまりが好き。 顔の違う4つのチャプターを近くで声に出して読んだり、遠目で見て眺めてみたり、して楽しめる歌集でした。 装幀おやび中に含まれているイラストは、たなかみさきさん。

2022/02/01

感想・レビューをもっと見る