読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃1-上 (静山社ペガサス文庫)

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃1-上 (静山社ペガサス文庫)

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃1-上 (静山社ペガサス文庫)

作家
リック・リオーダン
金原瑞人
出版社
静山社
発売日
2015-11-12
ISBN
9784863893153
amazonで購入する

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃1-上 (静山社ペガサス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mayuri(Toli)

別SNSのお友達おすすめ本です。廉価版ソフトカバーを待ってました! とってもとっても面白いです! パーシーやアナベスやグローバーが、これからどんな冒険をするのかワクワクします。しかし、古代ギリシャの神様をこんなに現代風に描いてしまう作者リオーダンの発想とセンスにびっくりしつつ、こんな人間くさい神様はある意味とてもギリシャ神話らしいな、なんて思ってしまいました。本当に面白かったです!

2016/01/20

たません

またまた、プレゼント用に買った本を先読みしてしまった。ギリシャ神話の神々が現代にもいる、というなかなか面白い設定と、冒険あり、謎あり、ヒーローもの風の感じが、子供の読書欲を煽るんじゃないか?と思って選択。で、案外、自分がハマってしまうパターン。パーシーと仲間達が、冒険の旅を通して、逞しく成長し、友情を深め合う姿は、時にハラハラしながらも安心して読める。ただ、ギリシャ神話の知識が必要で、日本人には馴染みがあまりないかも。子供たちには難しいかもしれない…。

2016/08/19

sachi_010

パーシーの最後の行動といったら、もう!!

2018/10/13

感想・レビューをもっと見る