読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

作家
J.K.ローリング
ジョン・ティファニー
ジャック・ソーン
松岡佑子
出版社
静山社
発売日
2016-11-11
ISBN
9784863893467
amazonで購入する

「ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)」の関連記事

ハリー・ポッター最新作! スリザリンに組分けされた息子・アルバスが、マルフォイの息子と過去を変える冒険に出かける!

『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版』(松岡佑子:訳/静山社)

 目の前にしか道は作れないのに、人は過去を悔い、変えられたらと願う。もし、魔法で過去を変えることができたら、今はどう変わるのだろう、と誰もが一度は想像したことがあるだろう。全世界で4億5000万部を超える大ベストセラー『ハリー・ポッター』シリーズの最新刊では、ハリーの息子・アルバスが過去を変える冒険に出かける。

『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版』(松岡佑子:訳/静山社)は、J・K・ローリング氏がオリジナルストーリーを書き下ろし、2016年7月にロンドンで初演された舞台劇の脚本を書籍化した作品。かつては幼い子どもだったハリー・ポッターもこの作品ではすでに37歳。前作『ハリー・ポッターと死の秘宝』で繰り広げられた19年前のヴォルデモート卿との戦いは辛く厳しいものだったが、戦いに勝利をおさめた後、「英雄ハリー・ポッター」として、夫として、父親として生きていくこともとてもとても大変であるようだ。魔法省の役人として激務に追われながら、ハリー…

2016/11/23

全文を読む

シリーズ最新作『ハリー・ポッターと呪いの子』に「ハリポタファンなら100%満足できる内容!」とファン大絶賛

『ハリー・ポッターと呪いの子』(著:J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーン、訳:松岡佑子/静山社)

 世界中に熱狂的なファンを生み出した「ハリーポッター」シリーズ最新作となる、『ハリー・ポッターと呪いの子』の日本語版が2016年11月11日(金)に発売された。前作から8年越しの新作とあり、ファンからは「久しぶりにあの世界を味わうことができて幸せ!」と興奮の声が続出している。  「ハリーポッター」シリーズは全世界で4億5,000万部を超える売り上げを記録した、J・K・ローリングによる大ベストセラー作品。2008年に発売されたシリーズ7作目『ハリー・ポッターと死の秘宝』で一度は幕を閉じた同シリーズだが、この度J・K・ローリングらが手がけた舞台の脚本が書籍の形となり、シリーズ第8作目として刊行された。  物語の舞台は前作『ハリー・ポッターと死の秘宝』の戦いから19年後。3人の子を持つ父親になったハリーは、魔法省での激務に忙殺される日々を過ごしていた。同作では、すでにけりを付けたはずの過去と向き合うハリーや、“ハリー一家の伝説”という重…

2016/11/20

全文を読む

関連記事をもっと見る

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中)

【生ける伝説の魔法使い】ハリー・ポッターも37歳、今や3人の子の父。子を愛する気持ちも熱いハリーだけれど、ヴォルデモートに両親奪われた故、父としての愛し方を知らずその愛はいたずらにスベるばかり。片やハリーが敬愛するアルバス・ダンブルドアとセブルス・スネイプから名づけられた次男アルバス・セブルス・ポッターにとっては偉大な父の存在が疎ましく感じるお年頃。あのマルフォイ(ドラコ)の息子で【ヴォルデモートの息子】と噂されるスコーピウスと親友になる設定が絶妙。これは父母となったハリー達と、その子供たちのすれ違う→続

2016/11/22

kaz

シナリオ形式の読みづらさを差し引いても余りある面白さ!ハリポタ、最高。大人になったハリー達と子ども世代の話しだけでも充分ワクワクなのに、様々な「もしも◯◯だったら」の世界も見られて、堪能出来た。ベラトリックスが出てくると、またお前か!と思う。ロンとハーマイオニーが結婚してなかった設定での二人のやりとりがキュンとなる。生きていて欲しかった人たちの死を、必要な犠牲として見届けるしかない辛さが、たまらん。ハリーとドラコもいいパパだ。

2016/11/30

Mumiu

あっという間に読んでしまった。まあ脚本なので、単純にあらすじを追っていくにはわかりやすい。ハリーの子どもたち、なまえが全てなくらいその子をあらわしてました。ハリーたちはそれぞれちゃんとおとなになっていて、悩んだりしながら親業をやってる感じで微笑ましかった。そしてちらっとだけ出てきたあの方、やっぱり泣けます。ライブビューイングで見ることができたら嬉しいなあ。

2016/12/06

あや

久しぶりの大好きなハリーの世界。最初から少しびっくりしたけど、おもしろかった~。少しの差で未来が大きく変わってしまっていたなんて怖い。また読み返したくなりました。

2016/11/11

ちえこ

劇場番で台詞のようになっているのでなれるまで少し読みにくかったが、ハリーポッター世代と息子世代の話でいろんな場面が出てきて引き付けられた(^ー^)『賢者の石』の時のハグリットの言葉などが出てきて懐かしくて又読み返したいと思った(^ー^)

2016/11/24

感想・レビューをもっと見る