読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ハリー・ポッターと賢者の石 グリフィンドール(20周年記念版)

ハリー・ポッターと賢者の石 グリフィンドール(20周年記念版)

ハリー・ポッターと賢者の石 グリフィンドール(20周年記念版)

作家
J・K・ローリング
松岡佑子
出版社
静山社
発売日
2018-11-01
ISBN
9784863894600
amazonで購入する

ハリー・ポッターと賢者の石 グリフィンドール(20周年記念版) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

S

ハリー・ポッター本編の物語は、グリフィンドール寮の人々によって作られている。もちろんそれ以外に属するキャラクターも物語の多くの部分で重要な役目を担ってはいるが、それもあくまで「グリフィンドール寮の視点」から観察され、評価されている。だからどうしてもグリフィンドール的でないものは滑稽に映りがちだし、時には「悪」として読者に印象付けられてしまう。昨今展開されるシリーズ作品は、その見えづらかったものものの性質をよりわかりやすく、また奥深いものにしているのではないか。

2019/01/31

ネズミ

★★★★★

2019/01/15

つっきー

ファンタスティック・ビーストを観て、懐かしくなってせっかくなので記念版を購入して再読。贔屓の寮のグリフィンドール版にしたけれど、付録部分は贔屓な分知ってることばかりだったので、他の寮にすればよかったかも、とちょっと思ってしまいました。 中身については、結末を知ったうえで読み返すと初読時とは違った気づきがあって面白かったです。主要登場人物だけでなく、何気なく出てくる人物たちの裏話を知っているので、ハリー以外から見たこの事件について思いを馳せたり。。。続刊も読み返したくなりました。

2018/12/01

faruku65

4寮すべて読んだ。本編が全部賢者の石一択なのは…。1巻をグリフィンドール、2巻をスリザリン……みたいにはできなかったのかな。寮の情報集も、既知であるものが多い。挿絵が多かったり装丁が美しいのは良かった。コレクション向け。

2018/11/14

小春

スリザリン版が欲しかったけど、グリフィンドール版をなぜか購入。挿絵もついてるんですね。挿絵があると人物が想像しやすくてオススメです。マクゴナガルは組分け帽子はレイブンクローかグリフィンドール入れるか長考したと最後のおまけページに書かれてて、組分け帽子じゃないマクゴナガルは自分が望む寮に入ったんだなと思いました。 感想じゃないけど、グリフィンドール寮の得点が発表されるところネビルの得点が出る場面が一番好きです。

2019/12/25

感想・レビューをもっと見る