読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハリー・ポッターと呪いの子 第二部 <舞台脚本 愛蔵版> (静山社ペガサス文庫)

ハリー・ポッターと呪いの子 第二部 <舞台脚本 愛蔵版> (静山社ペガサス文庫)

ハリー・ポッターと呪いの子 第二部 <舞台脚本 愛蔵版> (静山社ペガサス文庫)

作家
J・K・ローリング
ジョン・ティファニー
ジャック・ソーン
松岡 祐子
出版社
静山社
発売日
2020-09-03
ISBN
9784863895782
amazonで購入する

ハリー・ポッターと呪いの子 第二部 <舞台脚本 愛蔵版> (静山社ペガサス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あんこ

読み終わってしまった。マルフォイの気持ちの持っていき方が最高に泣けました。ハリーポッターシリーズでも父親との葛藤はあったけど、呪いの子ではそれがメインとなっていました。マルフォイの息子がチャーミングで可愛く、マルフォイはそのチャーミングさを抑制させて生きてきたから、息子には闇の部分を見せたくなかったのかな、とマルフォイの愛を感じました。英雄視されがちな人間も、色んなことに悩む一人なのだということが描かれていて、今までハリー達と同じ時代を生きてこれて良かった。

2020/11/17

あんこ

再読。東京公演の日付が出ていましたね。日本人キャストだと、誰がやっても(わたしの中の)イメージとはかけ離れそうなので国内舞台は見に行きませんが、今回は延期されずに無事上演できるといいですね。再読して、ヴォルデモートは愛を知らないのに対し、娘は父親を焦がれていて人間らしいところも感じました。スコーピウスとローズは数年後に(ロンとハーマイオニーみたいに)恋人になりそうで、なんとも微笑ましいです。

2021/10/04

ねこむすめ

育児に悩むハリーがかわいい

2021/06/23

感想・レビューをもっと見る