読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

マスターの教え 文庫版

マスターの教え 文庫版

マスターの教え 文庫版

作家
ジョン・マクドナルド
山川紘矢
山川亜希子
出版社
飛鳥新社
発売日
2014-12-17
ISBN
9784864103879
amazonで購入する

マスターの教え 文庫版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

デビっちん

小さな薄い本の中に、スピリチュアルな話と自己啓発的な要素が凝縮されているような感じでした。目標を持つことと瞑想、あるいは、黙想をする大切さが強調されていたように思います。薄くて字も大きいから速く読めますが、深いこと書いてあるなぁと感じました。

2017/07/06

pekori

本題に入る前の導入部に前半が割かれ、核心は後半のみだった。どこかで聞いたことのあるような話、たとえば瞑想が大事とか、人生の目標を立てる必要性とか、偶然に思えることが実は必然である、というような記述には新しい発見を感じなかったが、本の最初に書かれているようにじっくり何度も読むことによって見えてくる世界がきっとあるのだろう。(と信じたい)一回読んだ今の時点では、人気の理由が全く分からず読了。

2017/02/19

Taiyo

この本はウィリアム・W・アトキンソンが書いてるに違いない。

2017/05/05

もも

分かっているのは作者の名前のみで、後の詳細は不明という、その下りだけでミステリアスな本。エイブラハムをコンパクトにした感じ?読みやすいです。

2016/06/20

はるわか

あなたという存在は実は「意識」である。意識の中にどんな形であろうと、しっかりと保たれたイメージ・心象は、必ず実現する。で、思いを弱めてしまう心の混乱を作っている原因は、自分の外側に、自分の中にある力よりも大きな力が存在している、という誤った思い込み。望ましい絵をまず心の中に描き、それを自動的に外の世界に焼きつける力と能力(内なる心)を、私たちは持っている。それを邪魔する外なる心を制御するには、確固とした目標を打ち立て、秘密にし、真剣さを保つこと。「私は・・・である、・・・になる」と自分に宣言する。

2016/03/06

感想・レビューをもっと見る