読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うおつか流台所リストラ術 ひとりひと月9000円

うおつか流台所リストラ術  ひとりひと月9000円

うおつか流台所リストラ術 ひとりひと月9000円

作家
魚柄仁之助
出版社
飛鳥新社
発売日
2019-10-11
ISBN
9784864107129
amazonで購入する

うおつか流台所リストラ術 ひとりひと月9000円 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kenitirokikuti

魚柄仁之助氏が1994年に書いた最初の単行本の増補版。文庫版あとがきにもあるように、タイトルや本文の「リストラ」「不況」てのはバブル崩壊後のことである。25年前における過去回想なので、卵の貴重品感覚とか注釈が欲しいレベル。いま、乾物もそんなに安くはないし▲本作とか『味噌汁でカンパイ!』を読んで、ひさびさに米のガス炊きと出汁からとる味噌汁をしてみた。米を含め、「乾物を水で戻す」工程がポイントかしら?▲オリジナルが農文協なので、反アメリカ・反多国籍企業およびその線での反添加物、みたいな記述がところどころにある

2020/03/23

niz001

予想以上に節約はしてたけど、これ普通に働いてたらできるのか?ダジャレが微妙。

2019/10/15

感想・レビューをもっと見る