読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「カエルの楽園」が地獄と化す日 文庫版

「カエルの楽園」が地獄と化す日 文庫版

「カエルの楽園」が地獄と化す日 文庫版

作家
百田尚樹
石平
出版社
飛鳥新社
発売日
2020-03-26
ISBN
9784864107495
amazonで購入する Kindle版を購入する

「カエルの楽園」が地獄と化す日 文庫版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tomomi Yazaki

コロナ禍で図らずも危機意識の薄さがトップクラスということが露呈してしまった日本政府。その情けなさに更に厳しい追い打ちをかける本書。これを読み、危機感を覚えない人はいないと思う。習近平を国賓として迎える?恐ろしいことに、カエルの楽園の通りのことが今、進行している。誰が悪いのか。国際情勢に無関心な日本国民か?政治家か?野党か?与党か?安倍総理か?とにかく今のままでは確実に悪い方向へ向かっているのは間違いなさそう。一人でも多くの人がこれを読みそれに気づいたら、一筋の希望の光が見えてくるかもしれません。

2020/07/02

隠れて読書

正直、暗くなる。でも直視すべき現実だ! 4年前に出た百田尚樹『カエルの楽園』が現実味を帯びてきているという趣旨の、石平との対談。『カエルの楽園』は平和を唱えていれば平和に暮らせると思っているツチガエルが、凶暴なウシガエルに国を乗っ取られるという寓話。 何かをしてあげたら(譲歩したら)恩義を感じるのではなく、『もっと奪える』というのが中国人のメンタリティ、という根本的な考えが印象的だった。 右寄りと思われてもいい。この危機感をもって国会議員、マスコミを見つめねば。

2020/06/03

Mark X Japan

日本が,カエルの楽園になる日より先に,中国で易姓革命が起こるような気がします。張りぼての中国経済と共産主義国の寿命を考えると,この10年が大きな山場でしょう。後書きの,新型コロナウイルスは,武漢ウイルスへの訂正はあるのでしょうか。☆:4.0

2020/04/30

crr(月雄

“戦争よりも怖ろしいものがある” 多くの日本人は中国の残酷な歴史や大陸民族の残虐な価値観を知らない。僕自身そうだった。通州事件は中国の凄まじい虐殺の歴史と残忍性が日本人に向けられたもの。そして今もウイグルやチベットで通州事件のような虐殺が続いている。国際社会は“批判”するだけ。日本を守れるのは日本人だけ。僕らは未来の日本の為に戦死した先祖達のメッセージを誤って受け取ってはいけない。中国の残忍性とジェノサイドを許さない。僕らは次の世代の為にも、断固として日本を守る姿勢が必要だ。

2020/07/19

tomo

☆☆☆☆☆ 中国が核心的利益と呼ぶ、尖閣諸島に軍艦が侵入してきても、「…求められるのは、日中双方による地道な信頼醸成の取り組みである」という朝日新聞。中国の立場で主張する琉球新報と沖縄タイムス。現在進行中の吐き気を催すほどの実体を知ってのことか。 1949年 新疆侵攻 計46回の核実験によりウイグル100万人以上の健康被害 1951年 モンゴル併合 120万人虐殺 「三国志」などで憧れを持つ正義や義理・公正の心などない、別世界の中国共産党。おぞましい歴史を持つ支配体制の前に、友好関係が築けるはずもない。

2020/05/08

感想・レビューをもっと見る