読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

老活のすすめ はじめること 続けること 見直すこと

老活のすすめ はじめること 続けること 見直すこと

老活のすすめ はじめること 続けること 見直すこと

作家
坂東眞理子
出版社
飛鳥新社
発売日
2020-09-16
ISBN
9784864107822
amazonで購入する Kindle版を購入する

老活のすすめ はじめること 続けること 見直すこと / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tetsubun1000mg

昨年のコロナ過の状況で書かれたので、コロナの時代に対応した助言も入っている。 ベストセラーになった「女の品格」を書かれて時々TVでも見かける事があるが、1946年生まれと今年で75歳らしい。 しかも現役で昭和女子大総長兼理事長と大学運営だけでなく経営もされている。 文章は分かりやすく簡潔に書かれており説教臭いところは感じられない。 読者層である50,60代以降の年代の方に人生の先輩として伝えたいという印象を持った。 物の整理、墓の準備、相続で肝心なことなどもさらりと教えてくれる。素直に読めた本でした。

2021/03/23

Noriko S

いくつになっても「かきくけこ」が目指して生きていこうとのこと。かは感動、きは機嫌よく、くは工夫、けは健康、こは交流・貢献。そして教養、今日、用と教育、今日、行く。そろそろ考えていこうと思っていた50代前半の私、60歳は働き盛りとのこと。しんどすぎて引退したいと思っていたが、まだまだ働き続けないといけないのか?仕事好きな人はいいかもしれないけど、やめたい人にとっては苦痛。新たな生き方を模索していこうと本気で感じた。

2021/10/25

kaz

2014年に世界文化社から刊行された「60歳からしておきたいこと」に書き下ろしを加え大幅に加筆・修正したもの。従来の定年後くらいのタイミング、あるいはいわゆる終活初期の生き方を示してくれる。著者ならではというものも多々あり、そのまま終活に体系だって取り入れることができるわけではないが、ヒントにはなる。なお、目次を見れば、だいたい何が書かれているかの見当はつく。

2021/05/07

ことり

この手の本を初めて読むならよいが、何冊も読んだことがあると目新しいことは無いかも。再確認できたので、良かったかなと。ただ、80歳からの終活は遅いかも。個人的はに再確認できてよかった。

2022/11/02

Hisashi Tokunaga

著者坂東センセイオリジナルの提言はそんなに多くないのでは?所謂インテリ女性ブランドの歩む人生観なのだが、わかるわかるレベルなのが嬉しい。めげず、くじけず生き抜く思いこそおーいカツ!なんだろう。

2022/10/21

感想・レビューをもっと見る