読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アトム ザ・ビギニング(3) (ヒーローズコミックス)

アトム ザ・ビギニング(3) (ヒーローズコミックス)

アトム ザ・ビギニング(3) (ヒーローズコミックス)

作家
手塚治虫
ゆうきまさみ
カサハラテツロー
手塚眞
手塚プロダクション
出版社
小学館クリエイティブ
発売日
2016-06-03
ISBN
9784864684620
amazonで購入する Kindle版を購入する

アトム ザ・ビギニング(3) (ヒーローズコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かんけー

Dr ロロの正体を探ろうと、孤島の研究施設で調査を始める...が?自爆装置稼働に気づき、全員脱出を試みる。シックスはノースに交信して?前巻ではよく判んなかったけど、表紙のノース?女性型ロボットだったのね(^.^)また此処でロボット同士の絆を魅せてくれた♪シックスの夢?の「お父さん」は予知夢かそれとも?佐流田教授、七研の味方にして今後のストーリーに深く関わって来そうな人物で?教授の娘の月江さんに危ういとこを救われ逃走劇。5年前の謎の大爆発事件...ソコに踏み込んでしまった博志と午太郎、命を狙われて!→

2017/05/30

イーダ

Dr.ロロの正体が何となく見えてきた。電気羊ではなく、A106も夢を見るのか。ノースやイワンのように自我を持つロボットと、そうでないロボットの境界線はどこにあるのだろう?そして彼らの今後がきになります。

2016/06/07

エディ

バルト(コピーマルス)について、巻末解説に「ちなみに〈バルト〉というネーミングは、(略)アトムの弟の〈コバルト〉から名付けました。」とあるけど、コバルトは(後から作られたけど)アトムの兄だから!⬅ 小さい頃に朝日の寮で『鉄腕アトム』をさんざん読みふけった人間としては見過ごせない。

2018/11/01

ぐうぐう

ロボットに友達の可能性を見るお茶の水と、神を望む天馬。二人の科学者のロボットへの想いは、アトム誕生以後のそれぞれの立場として、いずれも踏襲される。アトム誕生と言えば、死を意識したシックスが、今際の際に見たのが、アトムとして生まれ変わる瞬間の、未来の光景だというのが、なんとも泣かせる。サルタにスカンクと、スターシステムを採用する手塚キャラの登場も楽しい。

2016/06/08

ジロリン

傷ついたシックスの目覚めのシーン。おお!これは「アトム」のあの場面ではないか!…でも、これって未来予知的なもの?ううむ。まだ世界観(この世界での"常識"というか)がよくわからん。次巻へのヒキとなる"イワン"は原作のアレへのオマージュか。あちこちでロボット達(人工知性)の"目覚め"が、同時多発的に起きる物語のようだが、その辺の"フリ"あるいは"ホノメカシ"が、もう少しきちんと散りばめられていれば、もっと楽しく読める気がするが、今時のマンガは、これくらい"説明しない"のが普通なのかな。

2016/06/04

感想・レビューをもっと見る