読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アトム ザ・ビギニング (9) (ヒーローズコミックス)

アトム ザ・ビギニング (9) (ヒーローズコミックス)

アトム ザ・ビギニング (9) (ヒーローズコミックス)

作家
手塚治虫
ゆうき まさみ
カサハラテツロー
出版社
ヒーローズ
発売日
2018-12-29
ISBN
9784864686075
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

不具合が発生した医療ロボット・ディアンを修理するため、シックスを接続させた天馬たち。
だが次の瞬間、ディアンと融合したシックスは全機能が完全に停止してしまう━━。
“鉄腕アトム”誕生までの物語、輪廻の第9巻!

アトム ザ・ビギニング (9) (ヒーローズコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

『アトム ザ・ビギニング』は、というか、『鉄腕アトム』は、つまるところ「自我」についての物語だ。今巻において、ヒロシの臨死体験を通して、ロボットの自我を語る場面が秀逸だ。非科学的なアプローチは、一見危うさを秘めているように思えるが、思考が脳内の電気信号であることをあえて説明することで、その危うさを巧みに回避している。

2019/01/09

ジロリン

うーん「今昔物語」との整合性をどうするのか?あれを持ち出すのはやめといたほうが良かったんじゃないかな…その辺にどうケリをつけるかに興味の焦点が移ってきたかもw カバー画の医療ロボット・ディアンはブラック・ジャックがデザイン・ソースだったとは気付かなかった!だから急にピノコ・キャラが出てきたのね…そういう所を描いてもらうほうが読み手は楽しいんじゃないかな(個人の感想ですw)。

2019/01/06

イーダ

ヒロシの身にまさかの事が!医療ロボディアン有能過ぎ。シックスとリンクしたという事は、彼も自我を持ったと見て良いのでしょうか?そしてメコン川で見つかったというアレは・・・間違いなくアレですね。アトム古今物語は見ていたので続きが気になります。

2018/12/29

危機一髪があって、アイデンティティーに関わる話がちょっとだけ。インナースペースの描写は手塚御大のそれを思い起こされる。時空のずれは矯正されたみたいだけれど、あのあとがきだからなあ。

2018/12/31

毎日が日曜日

★★★★ お茶の水危機一髪。

2018/12/30

感想・レビューをもっと見る