読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ダブル (2) (ヒーローズコミックス)

ダブル (2) (ヒーローズコミックス)

ダブル (2) (ヒーローズコミックス)

作家
野田彩子
出版社
ヒーローズ
発売日
2020-03-14
ISBN
9784864687089
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ダブル (2) (ヒーローズコミックス)」のおすすめレビュー

互いを思いやるふたりの関係に、“嫉妬”が見えてしまったら――。野田彩子の『ダブル』第2巻は、不穏な未来を予感させるラストだった

『ダブル』(野田彩子/ヒーローズ)

『潜熱』で注目を集めたマンガ家・野田彩子さん。その最新作である『ダブル』(ヒーローズ)の第2巻が発売された。本作は第23回文化庁メディア芸術祭「マンガ部門 優秀賞」を受賞し、いま最も熱視線を浴びている作品だ。

 主人公を務めるのは、鴨島友仁(かもしま・ゆうじん)と宝田多家良(たからだ・たから)のふたり。ともに役者として頂点を目指す彼らは、まさにダブル――ふたりでひとつの存在である。けれど、そこには絶対的な違いがあった。役者として群を抜く才能を持つ多家良に対し、友仁はただの凡人だったのだ。

 芝居以外のことがなにひとつできない多家良。友仁はそんな彼の才能を早々に見抜き、甲斐甲斐しく身の回りの世話をする。その姿はまるで、自身の夢を多家良に託し、崩れ落ちそうな自分の立ち位置をなんとか保とうとしているようにも見える。友仁にとって、多家良の存在はアイデンティティになっているのだろう。では、多家良は? 正直、友仁の代わりはいくらでもいるようにも思える。

 ところが、第2巻では、多家良にとっても想像以上に友仁が大切な存在であることが…

2020/4/1

全文を読む

天才と凡人。互いを支え合うふたりの役者の奇妙な関係の行方は――野田彩子の新作『ダブル』

『ダブル』(野田彩子/小学館クリエイティブ)

 ふたりでひとつ――。これは非常に美しく、そして、危うさを秘めた関係だと思う。お互いにお互いを支えている(と思っている)うちはまだいい。そのバランスが崩れてしまったら、崩れかけていることに気づいてしまったら。ふたりの関係はどこに帰着するのだろうか。

『潜熱』が話題を集めたマンガ家・野田彩子さんの新作『ダブル』(小学館クリエイティブ)は、まさにそんな“危ういふたり”の関係を描いた作品だ。

 本作の主人公は鴨島友仁(かもしま・ゆうじん)と宝田多家良(たからだ・たから)のふたり。彼らはともに役者をしており、絶対的な友情で結ばれている。ただし、ふたりには大きな差があった。多家良は比類なき才能の持ち主だったのだ。

 同じ夢を掲げているものの、隣にいる相棒は自分にない才能を持っている。この事実はどんなに友仁を苦しめているのだろうか。読者は早々に友仁の心境を想像し、胸が痛くなるはずだ。

 ところが、本作を読み進めると、それが杞憂であることに気づく。友仁は誰よりも多家良の才能を信じており、彼の存在を世に知らしめるべく、支えてい…

2020/3/16

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「ダブル (2) (ヒーローズコミックス)」の関連記事

多家良の才能が、芸能事務所の目に留まる! サポートしてきた友仁は話に乗り気だが…/ダブル③

ヒーローズ編集部が運営するマンガサイト『コミプレ』で絶賛連載中の作品をお届け! 第23回文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞受賞で話題の『ダブル』を再掲載。芸能事務所に所属しないかとの誘いが来た多家良だが、乗り気ではなく…。

続きは本書でお楽しみください。

2020/12/29

全文を読む

瓜二つの演技をする2人。それでも天才役者は最後にいつも一歩先をいく…/ダブル②

ヒーローズ編集部が運営するマンガサイト『コミプレ』で絶賛連載中の作品をお届け! 第23回文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞受賞で話題の『ダブル』を再掲載。多家良と友仁の演技は瓜二つ。多家良の特殊なセリフの覚え方とは…?

<第3回に続く>

2020/12/28

全文を読む

関連記事をもっと見る

ダブル (2) (ヒーローズコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

多家良は黒津監督の映画オーディションに合格する。友仁と役作りをして来た多家良は、黒津監督から否定される。それは多家良と友仁の生み出した役の解釈であり、黒津監督の解釈とは異なる異物である。多家良は友仁の嫉妬に気付き、新たな役を生み出そうとする。いままで二人で築き上げて来た手法が崩壊し、多家良は生まれ変わるのか。登場人物それぞれに熱量があり読ませる。所謂、天才モノであり真新しいモチーフではない。しかし、野田彩子さんの作画に色気と熱量があり引き込まれる。久しぶりに見つけた魂を揺さぶる漫画。熱いぜ。次巻が楽しみ。

2020/06/21

tomoko

献本。黒津監督映画のオーディションを受けた2人だったが、多家良だけ合格。友仁はいつもの如くサポート役に徹する。だが、多家良の演技の裏に他人(友仁)の影を見た黒津監督は、愛する犬を捨てろ!と突き放す。友仁と離れなければ成長できないのか?2人の関係はどうなる?

2020/03/31

ぐうぐう

「多家良の芝居は俺を裏切ることで完成する 絶望が 裏切りが 多家良を輝かせる」1巻で友仁はそう吐露した。代役として多家良の演技プランを考え、しかし、それを上回る多家良の天才的演技に友仁は、痛みと共に喜びを感じている。そしてこの2巻で、有名監督・黒津の映画出演を勝ち取った多家良は、黒津から告げられる。「誰の入れ知恵だ? きみはここに異物を持ち込んではいないか?」多家良の演技の背後にいる友仁の存在を見抜く黒津。自身から友仁を捥ぎ取ることは、ダブルがシングルになるということだ。(つづく)

2020/03/16

とみやん

多家良の撮影中の作中の話と、多家良の心理描写とが交錯していて内容が理解できなかった。難しいストーリーに困惑。

2020/03/28

だいらかずよ

依存のままで役者になれるのか?それとも切り捨てて役者になれるのか?どっちだろう。その先にあるものがまっすぐなものなのかいびつな歪んだものなのか…ものすごく危ういな。3卷早くっ!

2020/03/19

感想・レビューをもっと見る