読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ダブル (4)

ダブル (4)

ダブル (4)

作家
野田彩子
出版社
ヒーローズ
発売日
2021-05-13
ISBN
9784864688062
amazonで購入する Kindle版を購入する

ダブル (4) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

その昔(というか、現在でもそうなのだろうけど)、小劇団では一人の役者が何役もこなすことが多かった。役者の数が少ないゆえの劇団事情からだが、どうせ何役もしないといけないのなら、そこに意味を持たせようと考える戯曲家・演出家が出てくるのは必然だ。いわゆる一つの役を二人の役者が演じるダブルキャストとは真逆の構図。小夜子とアイ子、二つのキャラを一人の役者が演じる『初級革命講座 飛龍伝』に野田彩子は、二つの役を二人の役者が互いに演じるダブルキャストのアイデアをあえてぶつける。(つづく)

2021/06/26

駒場

つかこうへいの『初級』で多家良・友仁・愛姫が共演!現場の雰囲気は最悪!読者もまぁわかってたけど多家良は友仁のことが好きで、彼はそれを伝えるのが「誠実」だと思っている。しかし友仁から見れば、伝えられた途端に今まで向けられていた尊敬が薄っぺらく感じさせられてしまい、「踏みつけ」られたように感じる……恋愛と尊敬は両立するものだとは思うが、そこにはどうしてもある違和感が拭いきれずつきまとう、そういう部分と感情のぶつかり合いを真正面から描いているので、舞台の成功の可否含めてものすごくハラハラして手に汗握る すごいよ

2021/06/02

コリエル

みんな多家良という才能を輝かせるための福神漬…。尊敬と愛欲どちらを向けられているのかも信じられない友仁は己が道化に感じられてこれも哀れだが、ふたりの間に挟まれた愛姫も可哀想だよ。男たちは愛姫を挟んで対話を続け、言葉は彼女の上を通り抜けるだけ。

2021/05/14

ぴよ

4巻まで。凄い漫画だった。特に4巻…4巻のインパクトが圧倒的…

2021/06/25

とりっくん

今(2021年05月)個人的に一番興奮して読んでいる本。

2021/05/21

感想・レビューをもっと見る