読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

かふんとみつ

かふんとみつ

かふんとみつ

作家
飯野和好
出版社
絵本塾出版
発売日
2020-03-27
ISBN
9784864841610
amazonで購入する

ジャンル

かふんとみつ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

anne@灯れ松明の火

遠い方の新着棚で。前にも見かけたがスルー。でもその後、読友さんご紹介で、気になっていた。皆さん、書いておられるが、ホント、不思議な世界だった(笑) おはなしライブに使ったら、どんな反応かな。

2020/07/21

ほんわか・かめ

えーん、どうしよう…全然意味がわからな〜い(TдT) そよそよっとはいはいはい つんつんてんてん つんてんてん♬

2021/03/30

ごへいもち

飯野さんの絵は独特で面白いけどこの絵本は残念ながらそれ以外の魅力を感じなかった

2020/06/14

ヒラP@ehon.gohon

不思議な絵本です。 三味線を奏でる一座は何の象徴でしょうか。 ダイナミックに描かれた花たちと、虫がの象徴のような二人の少女が、蜜を吸おうとするところで、春を演じているように思えます。 蜜蜂の軍団、何故かヘビ、春を演出する個性的な劇団が乱舞するのですが、旅の一座との関係がつかめませんでした。

2020/06/20

おはなし会 芽ぶっく 

沖縄っぽい感じがしました。満開の花々、寄ってくる虫たち春を感じる、ちょっと不思議な世界です。

2020/08/31

感想・レビューをもっと見る