読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

東十条の女

東十条の女

東十条の女

作家
小谷野敦
出版社
幻戯書房
発売日
2018-03-23
ISBN
9784864881449
amazonで購入する

東十条の女 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒラP@ehon.gohon

文学博士の書く文章はかくもゴツゴツしているのだろうか。表題作品も嫌らしいだけになってしまっている。いろんな文壇事情を繰った作品、描かれた図書館風景に興味を持って読み進んだが、なんだか通りすぎただけの感じ。

2019/10/02

shinshin2638

図書館員との話「細雨」が良かった。

2018/05/26

ふみえ

これは私小説?帯と内容は違う気がするが、まぁいいか。

2018/05/04

なだ

開いたら何が出るかなと借りてきたら、著者の女性遍歴を綴った私小説を含む短編だった。「東十条の女」では、42歳独身が婚活で出会う女性とオフパコな日々を過ごす描写に頭がくらくら。妙に官能的で、子供の横でとんでもないものを読んでいるスリル。

2018/05/27

ウテオンマ

「もてない男」の小谷野さん(これしか読んだことなかった)の短編集。史実に基づいた作品と私小説が交互に編まれている。一見、なんの繫がりもなさそうだけど、全編通すと不思議な一体感。個人的には私小説じゃない方の「細雨」がかなり好み。

2018/05/14

感想・レビューをもっと見る