読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドクター・マリゴールド: 朗読小説傑作選 (ルリユール叢書)

ドクター・マリゴールド: 朗読小説傑作選 (ルリユール叢書)

ドクター・マリゴールド: 朗読小説傑作選 (ルリユール叢書)

作家
Charles Dickens
チャールズ・ディケンズ
井原 慶一郎
出版社
幻戯書房
発売日
2019-12-05
ISBN
9784864881869
amazonで購入する

ドクター・マリゴールド: 朗読小説傑作選 (ルリユール叢書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

ディケンズは、自作品の朗読家でもあった。彼が朗読のために書き直した短編5つ。『クリスマス・キャロル』は最初に、そして最期に朗読された作品。後書きに書かれた彼の私生活を知っても、夢破れた結婚生活や他の人に愛情を寄せることで、彼の作品に溢れる普遍的な愛に感じる想いは変わらない。幼い少年が精一杯に示す愛とそれに対する父の振る舞いは、哀しくも微笑ましい。マリーゴールドの義理の娘への献身や漁師の娘への想いが、ディケンズが若い彼女に抱いたものだとしたら…。そうでなくても、そうでありたかったのかもしれないと思う。

2020/03/04

まどの一哉

自作を朗読用に短く編集し、晩年に至るまで公開朗読公演を続けたディケンズ。朗読と言っても2時間以上一人でしゃべり続けるのだからたいへんだ。彼のようにもともと役者志望で人前に出るのが好きなタイプでないとやってられないだろう。 「クリスマス・キャロル」:メリハリがあって分かりやすい話なので、朗読にはぴったりの作品だ。 「デイヴィッド・コパフィールド」:夫思いのミコーバー夫人が才能ある夫をどうやって実業界で失地回復させるか、いろいろと策を挙げては自身で否定してゆくところが面白い。じつはすでに破産しているのだ。

2020/01/01

感想・レビューをもっと見る