読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロケット・ラクーン&グルート (MARVEL)

ロケット・ラクーン&グルート (MARVEL)

ロケット・ラクーン&グルート (MARVEL)

作家
ビル・マントロ
ダン・アブネット
アンディ・ラニング
スタン・リー
ラリー・リーバー
キース・グリフィン
サル・ビュッセマ
マイク・ミニョーラ
ティモシー・グリーンII
ジャック・カービー
出版社
ヴィレッジブックス
発売日
2014-09-13
ISBN
9784864911658
amazonで購入する

ロケット・ラクーン&グルート (MARVEL) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sin

狂気の惑星を舞台にした一大スペクタクル!でも入りの部分はなんだかよくわかんないごったまぜ(w)さてめでたしめでたしで旅立ったアライグマ一行。その後の顛末はさておいて、いつしか企業のポストアニマル、巻き込まれた騒動、木人との再会、過去を舞台のどんでん返し、そして最後は新手の夢オチときたもんだ。

2014/10/04

すけきよ

『アベンジャーズ』の流れでは難しいけど、『GotG』のラインでモジョーのメタなネタは映像化して欲しいなぁ。

2014/09/26

F4ふぁんとむ

正直大して期待はしてなかったのだが、これは傑作。特にハーフワールドのエピソードは立派なSF。素晴らしい。

2016/08/27

fap

どうして1ページにそこまで情報を詰め込むのか。 アメコミでは類似するキャラクターがたくさんいそう。 単独では武器の扱いに長けた動物キャラで、それほど強烈な印象はない。 他のキャラと組んでこその暴れっぷりなのだろう。 ただ、破天荒のストーリーがいかにもアメリカンなため、荒唐無稽さが先に立つ。 神像の描き方がミニョーラ的。 十字を描くように、顔の4箇所に接吻をするのだ。

2020/07/18

RIQUA

ロケット・ラクーンとグルートの初登場エピソードと、二人の活躍するミニシリーズを収録。可愛らしい愛玩動物の大活躍にモフモフにされました。

2014/10/06

感想・レビューをもっと見る