読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

みっつめのボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)

みっつめのボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)

みっつめのボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)

作家
糸井重里
出版社
ほぼ日
発売日
2018-12-17
ISBN
9784865013542
amazonで購入する

みっつめのボールのようなことば。 (ほぼ日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

る*る*る

点字図書館・音訳ボランティア3冊目録音図書。まだまだ録音に四苦八苦…ページめくる音も入れちゃダメなので、スラスラめくって読めない。途中止めて、止めての読み方。早く楽しんで読みたい。職場変わって四年目の私自身が、この本の糸井語録に救われた。沢山頷ける言葉あり✴︎ほぼ女性で、やりたい事がやりづらい職場。利用者目線で変えたい所多々あるが、ほとんどの職員がそのままがいいらしい。悶々としている…

2019/06/10

aloha0307

すぐに再読です☺ 「まずは、がんばるということではないでしょうか」~退屈と、がんばると比べると、がんばるのほうがラクだよ と、糸井さん✿ 「いろんなものごとには、さみしさが隠れている」~それを嫌がるのでなく、「そこに浸ってじわぁっと快感」を感じよう☺

2019/04/07

aloha0307

シリーズ2読め シンプルながらなんて多くを含んだ文たちなのだろう☺再読必至 75%は善意 のこりはその反対のこころです...谷川俊太郎さん詩に通ずるものが多いですが、より俗世(特に会社社会)に近いか..”ほとんどの人間は ほとんどの問題を どうでもいい(我社でよく聞かれる言葉) と思ってる この事実を認めることが出発点” ”いいことをしてる と自分で思ってる人は 他人が していないと裁き 責める”なるほどね。夫:「来世もいっしょになりたいか?」妻:「一回飛ばしがいい」と迷わず..ご名答 これとてもいいな☺

2019/04/06

あい

ボールのようなことば。の1から3を読んだ。今日のダーリンを毎日覗いてるし、小さいことばシリーズも読んでいるので重なる部分が多い。 けれど、忘れてたり、読む時々で印象に残ることばが違ったりして自分の変化にも気づけた。「いいことをしてるときには、わるいことをしていると思うくらいが、ちょうどいい」吉本隆明さんが糸井さんに言ったことばが今回は1番沁みた。いや〜マジ気を付けないとな〜。

2019/06/22

吟遊

すごく、すごくよかったなあ。

2019/01/30

感想・レビューをもっと見る