読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

みっつめのボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)

みっつめのボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)

みっつめのボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)

作家
糸井重里
出版社
ほぼ日
発売日
2018-12-17
ISBN
9784865013542
amazonで購入する

みっつめのボールのようなことば。 (ほぼ日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

吟遊

すごく、すごくよかったなあ。

2019/01/30

くみん

糸井さんと言葉のキャッチボール。優しさに溢れる言葉のパレード、いつも癒されます。

2019/01/30

アコギ

糸井重里さんのことばが好きで、毎日昼休みに読んでる。そこに書かれていたことや違うところに書かれていたものから選んだことば集。ことばは真似できないけど、糸井さんの考え方など結構取り入れている気がする。8年間ほぼ日手帳を使った。今年は別のを仕事で使ってるけど、5年手帳は使ってるから、途切れてはいない(笑)。 森博嗣さんの解説も、らしくて面白い。

2018/12/25

fuku

しんみり

2019/01/02

NK

糸井さんの言葉を真正面から読んだのは、今回が初めて。気をつけないと忘れてしまいそうな気持ちを、ゆっくり抽出したような、そんな文章に惚れました。変に頑固になるのはやめたいけどやめられなくて、もうそういうのもひっくるめて人間ってそういうものだよねって語っているような。読んでよかった。

2018/12/31

感想・レビューをもっと見る