読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンソロジー ビール

アンソロジー ビール

アンソロジー ビール

作家
東海林さだお
川上弘美
阿川佐和子
山口瞳
吉田健一
川本三郎
恩田陸
平松洋子
久住昌之
角田光代
辰巳浜子
室井佑月
北大路公子
赤塚不二夫
内田百けん
大竹聡
椎名誠
村松友視
阿川弘之
伊藤晴雨
坂口謹一郎
星新一
小泉武夫
森茉莉
種村季弘
岩城宏之
開高健
千野栄一
小沼丹
田中小実昌
吉田直哉
立松和平
石堂淑朗
丸山健二
永井龍男
矢口純
佐多稲子
獅子文六
遠藤周作
吉村昭
長田弘
出版社
パルコ
発売日
2014-07-01
ISBN
9784865060782
amazonで購入する

アンソロジー ビール / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちょろんこ*勉強のため休止中

アンソロジーシリーズのビール編。アルコール故に登場人物は大人ばかりである。ビールのようなあってもなくてもよいような(失礼!)嗜好品についての物語は、熱意がこもればこもるほど滑稽でおかしく切ない。しかもなんだか可愛い。私は下戸なのでビールそのものの魅力について語っているものよりも、ビールを小道具として人間同士のつながりが描かれている短編の方が好き。そういう意味で川上弘美、吉田直哉さんの2つが印象的だった。また赤塚不二夫さんの「天才バカボン お酒のにおいをよこすのだ!」、ビール愛が伝わってきてよかった。

2014/08/19

紫 綺

ゴキュッゴキュッ、ぷは~~~!!最初のひと口がたまらなく愛しいビール♪様々な著名人がアツくアツく語る、冷たいビールのアンソロジー。特に吉田直哉「ネパールのビール」は、感動の短編小説として気に入った。絶対ビールが呑みたくなること必至!!

2015/08/29

kinkin

古今いろんな作家やエッセイスト、詩人によるビールについてのアンソロジー。東海林さだお氏に始まり長田弘氏までどれを読んでもビール好きなら楽しめる。お酒をほとんど呑まなくなってもやっぱりビールの泡と缶ビールを開ける時のプッシューという音を聞くとビールの喉ごしと苦味にはそそられる。この本におさめられている「ネパールのビール」というのがあって以前他のエッセイ集でも読んだことがあった。好きなエッセイなのでうれしかった。図書館本

2018/12/26

あつひめ

ビールは、あんまり上品ぶらないで、プッハーと大胆に飲む方が見ている方も美味しそうに感じる。私が初めて飲んだのは、サントリーのペンギンズメモリーの缶ビール。こうやってむかしを思い出すと、私も作家さんたちのようにビールの思い出の二つや三つありそうだ…と一人ニヤニヤしてしまった。ビールは、一人寂しく飲むよりはわいわいガヤガヤ乾杯!!って飲むのが似合うアルコールだな。ビールと枝豆の相性はワインとチーズ、日本酒と塩辛並みに名コンビ。なにがなんでも別れない恋人同士のようだ。あー、今年の枝豆の季節も終わったなぁ…

2014/09/22

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯

アンソロジーシリーズ、今回はビール。川上弘美さんの名前を見た時に『妻ににている』だろうなと思っていたらやっぱりそうだった。ビールといえばこの人!椎名誠(昔、サントリーのCMにも出てましたよね)。ウグウグと喉をならして豪快に。阿川佐和子さんとお父さんの弘之さん親子でビール好き。パリのイメージの森茉莉が独逸のビアホールの話を書いていたり。美味しいビールの注ぎ方、泡の話などこだわりの人あり、仕事の後のビール、人が仕事をしている昼間に飲むビール、シチュエーションで美味さがかわる。ああ、ビール飲みたい!

2016/05/26

感想・レビューをもっと見る