読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひふみの言葉

ひふみの言葉

ひふみの言葉

作家
加藤一二三
出版社
パルコ
発売日
2019-01-23
ISBN
9784865062908
amazonで購入する

ひふみの言葉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

チャーミングな表紙にノックアウト。将棋といえば将棋くずししかしたことのない自分は、一二三さんといえば「ああ、確か野良猫にご飯あげて訴えられた棋士さん…」ぐらいの印象しかなかったが、もうこの本を開いてその天然っぷりというか、あけっぴろげに「自分!」な姿に笑ってしまった。とにかくどのページを開いても思わず笑みがこぼれてしまう。こんなに楽しそうにトラブルまでも受け止めている人もいるんだなあ。本を閉じても表紙が目に焼き付いてしまった。面白かった!

2019/06/27

おせきはん

加藤一二三氏の格言集です。勝負の世界で長年にわたりご活躍されてきた背景にある努力の大切さを語られています。他人のことを悪く言わないという趣旨の格言からは、勝負師として自らの運を大切にしている側面もうかがえます。家族を大切にする思いを含め、将棋棋士としてのご経験に基づく、強さと同時に優しさもあふれる、筋の通った格言集でした。

2019/01/24

Butterfly

寝る前等に眺めて、心に繰り返し染み入りさせる本。 写真集としても、哲学本としても。 書も、自由にあるのが惹かれた。

2019/01/29

感想・レビューをもっと見る