読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

志村正彦全詩集 新装版

志村正彦全詩集 新装版

志村正彦全詩集 新装版

作家
志村正彦
出版社
パルコ
発売日
2019-08-28
ISBN
9784865063073
amazonで購入する

志村正彦全詩集 新装版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Maki

日付が変わってしまっていた。「キミに、会えた事は キミのいない今日も 人生でかけがえの無いものでありつづけます」バカ。それをわたしに言わせるなんて…。

2020/07/11

麻衣

志村くんがいなくなったクリスマスイブはこんな日なのに雪も降らなくて。当時大学生だったわたしの日記には、きらいにならせてくれないままずっとずっとすきなのに同じ世界にいないなんてずるい、と走り書きがしてある。今でもたまにそうおもいながら、それでもずっとずっとすきである。気がつけば志村くんより歳上になっていて、もう十年同じ曲をきいているのに。あなたの歌はバラードよりもアップテンポの方がいまだに泣けるのだから不思議です。『星降る夜を見ている/覚めた夢の続きに期待をしてる/輝く夜空の下で/言葉の先を待っている』

2019/11/02

ウメ

彼は中高の同級生だった。数年は同じクラスだったろうか。わずかでも接点のあった人間として彼の死を悼む。彼の歌に今でも心打たれている人達がいることを知って、どこかこそばゆいような誇らしいような、変な気分だ。

2020/02/14

大臣ぐサン

改めて詩だけ読むと曲を聴いた時とは別の印象を受ける。志村正彦は才能の塊。

2019/07/06

江藤はるは

この本には若者のすべてがつまっていた。 あと、ヤクザネコのイラストがかわいい

2019/10/28

感想・レビューをもっと見る