読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いつも来る女の人

いつも来る女の人

いつも来る女の人

作家
片岡義男
出版社
左右社
発売日
2021-06-04
ISBN
9784865280333
amazonで購入する Kindle版を購入する

いつも来る女の人 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Vakira

拳銃と女性、そしてカフェ。この三つのアイテムが揃えばフランス映画になるらしい。酒が飲めるバーならアメリカだが、カフェといったところがフランスらしい。日本では竹の物差し、輪ゴム、標的のポンカン飴の紙の箱。簡易輪ゴム銃で箱に当たれば短編小説となる。そしてモデルガンは文鎮となる。カフェの場所、設え、彼女の服装、ヘアスタイル、バッグ、シューズ等小道具の説明は丁寧過ぎる程。これでその空間の雰囲気が醸される。あとは男女の会話が動くだけ。同棲ではなく同居なんてのもあり得なさそうで良いよい。片岡義男さん82歳の最新作。

2021/09/23

Roko

この本に登場するライターや編集者の人たちは、様々な理由で喫茶店へ足を運びます。私鉄沿線のちょっとこだわりのある珈琲を飲ませてくれる店、神保町の裏道の店、どこの店であっても、きっと深煎りの珈琲がおいしいお店なのでしょう。片岡さんがよく通っている店なのかもしれません。小説を書こうとしている人たちの会話を読んでいると、なるほど、こんな風に書いていったら意外とサラサラっと書けちゃいそうだなって気分になってきました。特別な事件なんか起きなくたって、日常を切り取ることで物語は進行していくんだなって感じです。

2021/10/09

tetsubun1000mg

20,30代の小説を書こうか悩んでいるライターなどの日常を短編にして、連作集にした本かな。 乾いた風景描写と、ポツリポツリとかわす会話がいつもの片岡義男の文章を感じる。 80代のはずだが、文章に無駄がなく研ぎ澄まされた感じは変わらないようだ。 登場人物やシチュエーションには、最近読んだ小説や短編に出てきた気がするのだが、そのもとになる設定をまとめたのがこの短編集なのかな。 片岡氏の後書きにもそのようなことが書いてあった。短編の中では「レモネードとあさりの貝殻」が色彩、映像が浮かび上がってきて好みだった。

2021/08/12

小説を書くという設定の男女の日常、短いお話。

2021/09/03

りんご

片岡義男さんの最新の本 小説を書く人を主人公とした短編集 片岡さんらしいストーリーです

2021/06/29

感想・レビューをもっと見る