読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

自殺直前日記 改 (鉄人文庫)

自殺直前日記 改 (鉄人文庫)

自殺直前日記 改 (鉄人文庫)

作家
山田花子
出版社
鉄人社
発売日
2018-11-20
ISBN
9784865371468
amazonで購入する

自殺直前日記 改 (鉄人文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ジェルソミーナ

この日記のとおりなら、著者の周りにいる人たちはかなり冷たいけど、それ以上に本人が一番辛辣。もう一人の山田花子が常にいじめている。「助けて」の後に「知るかよ」と続く。自分を客観視できて被害者意識が強い。苦しい。客観的に見た自分をこんなにつらつらと書き続けるのは苦しいだろうな。オシャレでスタイルいいのに…

2019/03/15

ぽるる

わたしが、小学校高学年くらいから20歳過ぎまで、毎月購読していた漫画雑誌「ガロ」に、連載を持っていた天才漫画家山田花子さん 。この「ガロ」という雑誌は、所謂アングラ系というやつで、連載している作家陣も錚錚たるメンバーでした。丸尾末広さん、花輪和一さん、ねこぢるさん、みぎわパンさん。その中でも、山田花子さんの存在感と才能は突出していたように思います。彼女が高層マンションから飛び降り自殺を図ったと知った時は、驚きもしましたが、それと同じくらい「そうなのか」と妙に納得してしまったことを覚えています。

2018/11/28

感想・レビューをもっと見る