読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

異世界迷宮の最深部を目指そう 16 (オーバーラップ文庫)

異世界迷宮の最深部を目指そう 16 (オーバーラップ文庫)

異世界迷宮の最深部を目指そう 16 (オーバーラップ文庫)

作家
割内タリサ
鵜飼沙樹
出版社
オーバーラップ
発売日
2021-08-25
ISBN
9784865549799
amazonで購入する Kindle版を購入する

異世界迷宮の最深部を目指そう 16 (オーバーラップ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

彼の肉体を所持し、『血の理を盗むもの』ファフナーを従える『星の理を盗むもの』ラグネ。一番を目指し突き進む彼女を相手に、全人生を代償としたノスフィーがラスティアラたちとフーズヤーズ城突入作戦を開始する第十六弾。圧倒的な力で立ち向かうものを蹂躙するラグネ。カナミやラグネの過去も明らかになってゆく中で、大切なものを取り戻すため傷つくことも厭わずに突き進む献身的なノスフィーがとても眩しかったです。これだけ激動の展開が続いたわりには納得の決着でしたけど、でもほんとにヤバそうな気がするのはこれからなんですよね...。

2021/08/25

彼方

あぁ…終わって、始まる…。世界の『一番』を目指すラグネの本当の生きる意味とあまりに遠く、ささやかな願いを求めるノスフィーの最期が、ついに…。合わせ鏡も同然の親和と親を想う子の願い、どうしようもなく確認したくなくて…それでも素直な光に包まれ直視させられる真実。苦難に満ちた道程を歩ききった切なさと晴れやかさ、そして美しすぎる舞台の上で人生を描ききってみせられて…webは既読なのですけど、放心状態になる読後感…。痛みを越えた『代わり』に宝空…戻れない後悔と未練…散りばめられた情景に至るまで一言一言が名文でした。

2021/08/27

感想・レビューをもっと見る