読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

文化系のためのヒップホップ入門2 (いりぐちアルテス009)

文化系のためのヒップホップ入門2 (いりぐちアルテス009)

文化系のためのヒップホップ入門2 (いりぐちアルテス009)

作家
長谷川町蔵
大和田俊之
菅野旋
出版社
アルテスパブリッシング
発売日
2018-09-25
ISBN
9784865591750
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

あの名コンビふたたび!
ヒップホップの聴き方がわかる画期的な入門書として
絶賛されたベストセラー、待望の第2弾登場!


「ヒップホップは音楽ではない」「ヒップホップは『少年ジャンプ』である」といった
キラーフレーズを満載した前作『文化系のためのヒップホップ入門』は、
ライムスター宇多丸さんや山下達郎さんにも高く評価され、
刊行から7年が経った現在も売れ続けているアルテス最大のロングセラーです。

その続編『2』は、ケンドリック・ラマーやチャンス・ザ・ラッパーが登場し、
ニッキー・ミナージュら女性ラッパーが活躍、
ファレル・ウィリアムズ〈ハッピー〉が大ヒットした、
2012年から14年まで3年間のヒップホップ・シーンの変遷を追いかけます。

さらにゲストに『Jazz The New Chapter』の編著者・柳樂光隆さんをお迎えし、
「ループ感覚」「Jディラ」「YouTube」などをキーワードに
ジャズとヒップホップの影響関係を探る鼎談を収録。

続けて2015年以降のシーンを取り上げる『3』も
着々と準備中ですので、どうぞご期待ください!

●目次
Introduction いま一度、How To ヒップホップ入門
第1部 ゼロ年代のヒップホップ:『文化系のためのヒップホップ入門』復習編
第2部 2012年のヒップホップ
第3部 ジャズ×ヒップホップ[1]ゲスト:柳樂光隆
第4部 2013年のヒップホップ
第5部 ジャズ×ヒップホップ[2]ゲスト:柳樂光隆
第6部 2014年のヒップホップ
Postscript あとがきに代えてお送りする深夜のチャット再び
登場人名一覧
[CDガイド]
(1)2012年のヒップホップ
(2)2013年のヒップホップ
(3)ジャズ×ヒップホップ
(4)2014年のヒップホップ

文化系のためのヒップホップ入門2 (いりぐちアルテス009) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

zirou1984

7年ぶりの続刊では冒頭で21世紀のヒップホップの特徴を「南部化」と「内省化」という点でまとめているけど、もはや本書において文化系云々という枕詞は不要かも。2012年から14年にかけてのヒップホップを振り返ることでミクロな変化の兆しを炙り出しつつ、柳樂光隆さんを迎えたジャズとヒップホップの関係について語ることで、マクロな音楽の歴史を描いている。ジャズもヒップホップもジャンルとしての枠は融解しながら新しい音楽の心地よさを提示しており、本書に合わせて作られたプレイリストは本を読む新しい発見の形を教えてくれる。

2018/10/29

hjms

文化系第二弾はゼロ年代以降のHipHopの動向をゴシップ・ディスクガイドを織り交ぜ紹介。表現の内向化・サウンドの南部化を経てEDM全盛期へと突入していく。柳樂氏とのJazz対談はやや専門的で置いてけぼり感があったものの、ループ感やJ Dillaの考察は興味深かった。第三弾も期待。

2019/02/07

Masaaki Kawai

前作に続編がでるとは!一年ごとに深く掘り下げるスタイルになったんで、また興味をそそられます。でもって、早く次の何年か分も出してほしくなってしまう!

2018/11/26

こくまろ

あいかわらず明晰でおもしろいんだけど2014年までなのでトラップ前夜、マンブルはまだないとすでにめちゃめちゃ古くなってしまっているのが残念。早く最新版出して!!!

2018/12/23

wasabi

一年ごとにシーンがめまぐるしく変わりネットで即座にレビューが飛び交う今の時代に、4年以上前の、それもたった3年の期間の業界事情を語らせるお粗末な出来。内容自体も前作の「ロックは文学、ヒップホップは2chやtwitter」などの明快でキャッチーな解説も少なく、内輪受けな内容が増えた。特に番外の「ヒップホップとジャズ」はこれなんのために収録したの?と思うような終始本人らだけが盛り上がってて、読む気が失せた。

2018/10/08

感想・レビューをもっと見る