読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

父と子の絆

父と子の絆

父と子の絆

作家
島田潤一郎
髙橋将貴
出版社
アルテスパブリッシング
発売日
2020-11-24
ISBN
9784865592283
amazonで購入する

父と子の絆 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

ひとり出版社、夏葉社の島田潤一郎氏の子育て日誌。子どもを育てた人もこれから育てる人にもおすすめの本です。不思議な生き物のような赤ちゃんは、あれよあれよという間にハイハイして、いつの間にか歩き出し、そしてあーあー言ってたのが喃語を話し出す。2人目が生まれてから数か月の記憶がないというのはよくわかる。子ども1人と2人では子育ては雲泥の差なんです。そんな慌ただしかった日々もいつしか過ぎ去り、数年前の子どもの写真を見返しては、もうあの頃の子どもに会えないのだと胸を掻きむしられるのです。

2021/01/01

4月から新職場の寺

ひとり出版社、夏葉社の島田潤一郎さんの子育て本。独身の私としては、書いたのが島田さんじゃなければ手に取らなかっただろう。私は夏葉社の出す本が好きだが、島田さんが書く本はもっと好きだ。『本屋さんしか行きたいとこがない』なんて、今年のNo.1だと思う。しかしこちらも負けてはいない。夫婦が40歳の時の出産だったそうで、いろいろと心細い気持ちも正直に書かれている。子供が出来て青春が終わった感じもよくわかる。子供のいない私は、今でも子供みたいである。島田さんが二人の子供に抱いている願いは本当に小さくて優しい。良書。

2020/11/24

ツキノ

2020年11月発行。夏葉社代表による育児エッセイ。男性が書いたものは注目しているのだが、これはとても「素敵」だった。大変さも伝わってくるのだが、なんだろうな、書き方がいいのかな。息子、そして娘に対する願い、祈りのようなものが灯っているような。親友、いとこの死、高知にいる叔父と子どもたちのふれあい、そして本の効用などもとても印象的。

2021/03/10

ほし

夏葉社の島田潤一郎さんが、悩んだり、くたくたに疲れたりしながらも子どもを大切に見守る様子が綴られています。読みながらあまりにも共感してしまい、じんときたり、ニコニコしてしまいました。我が家も島田さんと同じで、上の子が男の子、下が女の子の兄妹だったり、子どもの発達にちょっとした不安があったりという共通項があったからかもしれませんが、そもそもこういう父親目線のエッセイ本ってあまりなかったかなと。父親としての個人的な心の揺れ動きが描かれており、読んでいて何度も胸が一杯になりました。

2020/12/18

kana

ひとり出版社、夏葉社の島田潤一郎さんの子育てに関するエッセイ。生後数ヵ月間の子育ての辛さを思い出した。でも、今はその辛い日々の事はほとんど忘れていて、子供の可愛い思い出だけが残っている。こうやって皆親になっていくものなんですね。ヘトヘトにくたくたになりながらも、一心に注がれる子供への愛情に心打たれました。

2021/01/15

感想・レビューをもっと見る