読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ポスト・コロナの学校を描く (教職研修総合特集 701号)

ポスト・コロナの学校を描く (教職研修総合特集 701号)

ポスト・コロナの学校を描く (教職研修総合特集 701号)

作家
岩瀬 直樹
西郷孝彦
石川 晋
中原 淳
藤原和博
秋田 喜代美
赤沢早人
石井英真
奈須正裕
田村 学
溝上慎一
稲垣 忠
平井聡一郎
平川理恵
梶谷真司
新保元康
木村泰子
山本 宏樹
住田昌治
妹尾昌俊
市川 力
小髙美恵子
『教職研修』編集部
出版社
教育開発研究所
発売日
2020-08-25
ISBN
9784865607789
amazonで購入する

ポスト・コロナの学校を描く (教職研修総合特集 701号) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hiace9000

コロナ禍という厄災により、学校では子どもも教職員も疲弊している。学校現場の限界が世間に可視化された今だからこそ、新しい学校像を模索していくべき!という提言が寄せられた、ポストコロナに勇気を持って立ち向かうための一書。「巷の報道では教科学習の遅ればかりが取り沙汰されているが、未曾有の災害はそれ自体が教材。そこから何を引き出すかが重要」との山本宏樹氏の至言に大いに共感。ここをきっかけに変えていけることは必ずある!と確信。大変な時こそ大きく変わる時、と改めて気を振るい、決断と覚悟を持って理想を目指したい。

2020/09/02

どこかの国語教師

2021年3冊目。新型コロナウイルスによる一斉休校は、日本の教育の弱点を露呈した。と同時に、これからどうしていくべきか、そもそも学校とは何かを考える契機となった。特に、後半の第3章「学校生活を変える」、第4章「教職員・管理職が変わる」は、示唆に富んでいる。

2021/02/13

U-Tchallenge

本書を通して投げかけてくることは「変わるきっかけを逃しちゃうよ!」「このまま元に戻るでいいの?」ということ。新型コロナウイルスが収まりつつあるということで、六月ぐらいから登校が再開し始めた。そして約三か月の月日が経過した。「オンライン学習」を筆頭にし、何かしらの変化の兆しを見せていた学校現場は、みるみる内に元通りになっていきつつある。悪いことばかりではないけども、本当にそれがよいのか、ということを問い直さないといけないのではないだろうか。それは現場にいる者だからこそ、しないといけないのではないだろうか。

2020/09/01

のびちゃん

コロナ禍への対応に留まらず、コロナ禍への対応から見えてきた学校教育のかかえる課題、そして、それにどう対応していくのかを各識者が執筆された本です。Withコロナ、Afterコロナを見据えて、何を大切にすべきかが見えてきます。

2020/11/28

はまちゃん

学びを止めない。コロナ禍でも学校は懸命に努力しているが、あまりにも横並びを意識しすぎている。公立校だからだろうか。昔言われた言葉に、出る杭は打たれるが、出過ぎた杭は打たれない。今後迎える個別最適化の時代にどう対応できるか。学校現場は、踏ん張りどころですね。

2020/10/30

感想・レビューをもっと見る