読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

革命とサブカル

革命とサブカル

革命とサブカル

作家
安彦良和
出版社
言視舎
発売日
2018-10-30
ISBN
9784865651300
amazonで購入する

革命とサブカル / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

緋莢

図書館本。学生運動をしていた著者が、当時関係していたメンバーと討論することで、総括し、〝現代”について考えた本。第一部が対話、第二部が論考となっています。正直、当時のメンバーとの対談はあまりピンと来ず(申し訳ない)、アニメ研究家・氷川竜介との「サブカルの行方――アニメを中心に」が印象に残りました。<アニメは癒されるための道具、というものの見方が支配的になった>、<「葛藤」は 極端に拒否される>というのは、なるほどな、と(続く

2019/08/12

nishiyan

かつて弘大全共闘の一人として学生運動をしていた安彦良和氏がかつての同志との対話と安彦氏による論考の2本立てで「革命とサブカル」を読み解く評論集。「革命」の部分である元弘大全共闘メンバーとの対談はイマイチだったかな。恐らく当時の学生運動・新左翼運動の知識があまりないからだろう。「サブカル」の部分である氷川竜介氏との対談は読み応えがあった。「セカイ系」から「なろう系」へなぜ「なろう」が受け入れられたのかなどかなり刺激的な発言はあるものの読んでいて腑に落ちた。論考は安彦氏の考えを改めて把握するのに役立ったかな。

2019/10/29

Junichi Kitazawa

いまのうちに読んでおくべきだと思ったのだけど、読んでよかった 当時の関わり合いや現政権への評価とか今の行き方とか様々な人たちの声が収録されてて響く

2019/04/14

むっち

連合赤軍事件に関わった弘前大学の友人たちとの会談はその時代の若者の考えていたことがストレートに理解できるけど、皆さん相当主観的だなあ。日本共産党で過ごした人も含めてみなが自分のことを客観的に省みられてない感じでちょっとげんなりした。最近の若者はとかいうのかな。オウムと全共闘は同じだけど、オウムより全共闘の方が高尚?選挙では変わらない?よく分からない消化不良。議会による変革は出来ないというのが前提?傲慢ではないでしょうか。リベラレル=左翼的な者を含むのが日本?疑問だらけです。きっとこの感想共読には嫌われる。

2020/02/15

hirokazu

2018年刊。弘前大学で学生運動に参加し、その後アニメーター、漫画家となった安彦良和氏が「ふり返り、位置づけ、時代と共に検証」するために、かつての活動家達との「対話」と「論考」の二部で構成される。「対話」については当時の詳細な年表か、註をつけてもらわないと浅薄な知識しか持っていない読者には手に余る。かつての自分たちの総括のためにやってるんだ、分からん奴らは相手にしない・・・というポリシーで刊行されたんだったら仕方ないが。だったら50年前の「革命」の失敗も必然だったと納得するしか無い。

2021/02/20

感想・レビューをもっと見る