読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

闇社会犯罪 日本人vs.外国人 ―悪い奴ほどグローバル

闇社会犯罪 日本人vs.外国人 ―悪い奴ほどグローバル

闇社会犯罪 日本人vs.外国人 ―悪い奴ほどグローバル

作家
丸山ゴンザレス
出版社
さくら舎
発売日
2015-12-02
ISBN
9784865810370
amazonで購入する Kindle版を購入する

闇社会犯罪 日本人vs.外国人 ―悪い奴ほどグローバル / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

DEE

海外に行く前は色々と注意するんだけど、着いてしまえばなんとなく大丈夫じゃないかと、根拠もなく思ってしまう危うさ。 どこで何が起きてもおかしくない情勢。 自分の身は自分で守り抜くくらいの気概は必要かも。

2016/08/31

なつのおすすめあにめ

当たり前と言えば当たり前ですが、日本人も外国人も、悪いヤツは悪く、どこにでもいる。

2018/10/31

Akira

最新事情を知ると言うのはリスクマネジメントに役立つ。 本を読んで、衝撃の事実が!とか犯罪組織の最深部に潜入!とかそういう類の本ではない。読者は「それで?どうなったの?」ともっと丸山さんをけしかけたくなるが、引き際が鮮やか。最近は大規模な犯罪組織というより、罪悪感が薄い「日本人の普通の人」の犯罪が目立ちますね。

2016/01/17

lovekorea

来週セブに行きますが、拳銃の密造所は探さないようにします (;・∀・)

2019/12/22

トランスマスター

『クレイジージャーニー』でおなじみの丸山ゴンザレスに氏による海外での犯罪や、国内での外国人犯罪事情を実体験や経験者との取材でエピソードを紹介する内容。印象に残ったのはほかのアンダーグラウンド系の海外旅行物の書籍でも必ず語られる南アフリカのヨハネスブルクの実態や、歌舞伎町の事件簿などTVを見ているような感覚でスラスラ読めました。

2017/10/26

感想・レビューをもっと見る